13. 酸味がアクセント。いちごのチョコバー

ピンク色がかわいい、いちご味のチョコバーです。ホワイトチョコレートにフリーズドライのいちごを混ぜると、甘酸っぱいいちご味に。クッキーやいちごはある程度細かくしてから、混ぜ合わせましょう。レシピではマカダミアナッツを使いますが、使用するナッツを変えれば食感が変わりますよ。

14. 甘納豆をトッピング。きなこのチョコバー

甘くてミルキーなホワイトチョコレートは、香ばしいきなこと合いますよ。甘納豆をトッピングすると、すっかり和風なチョコバーに。ホワイトチョコレートが甘いぶん、コーンフレークは甘味が付いていないものを選ぶのがおすすめですよ。きなこ好きな方に試してほしいひと品。

15. 製氷機できれいに。抹茶とホワイトチョコのバー

ホワイトチョコレートは、抹茶との相性が抜群。こちらは抹茶グラノーラを混ぜて作るチョコバーです。きれいな形に仕上げたい場合は、スティック状の製氷皿に入れて固めてみて。カットする手間が省け、見映えがよくなりますよ。緑色のチョコペンでデコレーションすると、雰囲気がアップ。

プレゼントや手土産にチョコバーを♪

簡単に作れておいしいチョコバー。成形がいらず、容器に流してカットすればよいので、大量生産にも向いています。チョコレート菓子なのに、テンパリング(温度調整)や1個ずつ成形がいらないのもよいところ。好きなチョコレートや具材で作れて、アレンジも自在です。

バレンタインのほか、ちょっとしたギフトや手土産にもおすすめ。時短で作れるレシピも多く、おやつにおすすめですよ。ぜひ作ってみてくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ