ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

チョコフォンデュの基本レシピ

クリスマスやバレンタインなど、これからの季節の催しにぴったりのメニュー「チョコフォンデュ」。チーズフォンデュは試したことがあるけどチョコフォンデュはないという人も多いのでは?市販の板チョコと牛乳を混ぜて溶かすだけで、誰でもかんたんに作ることができるメニューです。

材料(5人分)

・板チョコ...... 5枚(500g) ・牛乳...... 260ccから280cc ・フルーツ類...... 適量 ・パン類...... 適量 ・お菓子類...... 適量

作り方

1. 板チョコを刻み、具材もお好きな大きさに切っておく 2. お鍋に牛乳を入れ、弱火にかける 3. 沸騰寸前になったら刻んだ板チョコを少しずつ入れ、とろ火にかける 4. お鍋をゴムベラで搔き回す 5. 均等に混ざり、チョコ表面にツヤが出てきたら火を止める 6. 温度は35C°から40C°を保ちながら、用意した具材をつけていただきましょう!

作るときのコツ

チョコフォンデュを作る上で大切になってくるチョコと牛乳の割合。基本として2:1となります。チョコレートのみで作ると固まりやすくなるのですが、牛乳や生クリームを入れることで固まりづらく、まろやかな質感を保つことができるようになります!

いろんな道具で!チョコフォンデュの作り方3選

1. 小鍋で温めてからキャンドルで♪

小鍋で材料を溶かしたあと、器を移してキャンドルで温めながらいただく方法。コンロや小鍋はどの家庭にもあるものなので、専用の機械やフォンデュファウンテンがなくても大丈夫!

2. チョコも具材もホットプレートで温めて♪

チョコとバジルソースの二種類で楽しむホットプレートフォンデュのレシピ。具材も同時に加熱することで、すべてをホットプレート上で完結させることができる、お手軽なフォンデュアイデアです。バジルソースのような、お食事系のソースも用意すれば、みんなで楽しめるランチやディナーメニューにもなります♪

特集

FEATURE CONTENTS