チョコフォンデュの楽しみ方!おすすめ具材やアレンジを徹底解説

みんなが集まるパーティーやディナーで楽しめる「フォンデュ料理」。スイスやフランスといったヨーロッパの国で生まれた、鍋料理の一種です。今回はデザートフォンデュの一種である、チョコフォンデュについて特集します!

2018年10月9日 更新

3. レンジで作るときは沸騰させないように!

耐熱ココットに入れたチョコレートと生クリームを、レンジで30秒チンするだけ♪ 電子レンジのなかで生クリームや牛乳が沸騰しすぎないように、様子を見ながらこまめに時間設定をして温めましょう。沸騰してしまうと、チョコレートの食感が変わってしまうので注意してください♪

材料で変化◎チョコフォンデュの人気アレンジ4選

1. ホワイトチョコに抹茶パウダーで斬新フォンデュ!

ホワイトチョコに抹茶パウダーを混ぜて溶かした、斬新な和風フォンデュアイデア♪ 定番のバゲットやマシュマロ、フルーツはもちろんのこと、白玉や栗の甘露煮など和風のお菓子を合わせても◎今年はちょっと違ったチョコフォンデュを試したいというフォンデュ好きにおすすめしたいアイデアです。

2. ラム酒を入れて香り豊かに♪

チョコ、牛乳を溶かしたお鍋にラム酒やブランデーを加えると、チョコの芳醇な香りが引き立つ大人のフォンデュに大変身!作り方は基本の作り方と変わりなく、大さじ一杯ほどのラム酒を加えるだけ♪

3. お好きなハーブを入れておしゃれフォンデュ♪

基本のチョコソースにペパーミントのハーブを加えて、フレーバーチョコ風にいただくアレンジフォンデュ。シナモンやカルダモン、バニラビーンズなど、お好きなスパイスを加えても味わい深くできあがるアレンジです♪

4. 吟醸酒で大人のチョコフォンデュ

吟醸酒や日本酒を加えて、ふんわりと広がるような風味を楽しめる、大人のフォンデュアレンジ。恋人と過ごすふたりきりのバレンタインやクリスマスのデザートメニューとしていかがですか?

チョコフォンデュにおすすめの具材5選

いちご

チョコフォンデュといえば「いちご」!チョコフォンデュにはなくてはならない代表的な具材のひとつです。チョコといちごの色のコントラスト、チョコのまろやかな甘さといちごの酸味のハーモニーはお菓子の定番の組み合わせ♪

特集

FEATURE CONTENTS