昼間の眠気を吹き飛ばす飲み方

ランチのあと、急に猛烈な睡魔に襲われることがあるでしょう。何をしても眠くて、仕事どころではありません。カフェインは飲んでから30分後に効果が高まり、約8〜10時間もの間そのパワーをキープします。飲む時間帯によっては、あなたの夜の睡眠に大きな影響をもたらす可能性があります。
昼間の眠気を吹き飛ばし、かつ夜に気持ちよく眠る飲み方、それは……。いつもより濃い目のブラックコーヒーを飲んで、アラームをセット。15〜20分間、あなたのデスクでそのまま眠気に任せて目を閉じます。アラームが鳴る頃にカフェインが効力を発揮しはじめるので、目を開けてそのまま仕事へ戻りましょう。

コーヒーをよりおいしく

コーヒーに含まれるカフェインは覚醒作用が強いことから、夜に飲むのはタブーと捉えられていました。しかし、ミルクを入れる、ホットにする、寝る30分前に飲めば、上質な睡眠がとれるほか、疲労が和らぎ翌朝の目覚めをよくする力を秘めています。
毎日ストレス社会で戦う多くの人が、疲れを翌日に持ち越さずぐっすり眠り、かつ気持ちよく朝を迎えたいと、切に願っていることでしょう。あなたも今晩から、寝る前コーヒーを試してみては?
※個人によってカフェインによる耐性が異なるため、普段からコーヒーを飲みなれなていない場合は控えるようにしましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ