「コーヒー」は便秘にいい? 悪い? 飲み方によって効果が逆転!

コーヒーは便秘にいいと言われています。その一方で、便秘が悪化するとも言われていますね。真実はいったいどっちなの…? この記事では、なぜ便秘に「よい」「悪い」と言われるのか、その原因を明らかにするとともに、効果的な飲み方をお伝えします!

2019年3月15日 更新

どちらが本当? コーヒーと便秘の関係

便秘に悩まされている人は多いですよね。特に女性は、便秘解消のためにいろいろなことを試しているという人もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのがコーヒー。コーヒーには、便秘にいいという話もあれば、その一方で悪化させるという話もあります。今回は、コーヒーは便秘に効くのか、それとも悪化させるのか、コーヒーに含まれている成分を見ながらご紹介します。

コーヒーで便秘が改善するとされる理由

まずは、コーヒーがなぜ便秘に効くとされているかをご紹介します。その理由は、コーヒーに含まれている代表的な成分にあるようですね。

カフェインの影響

どうしてコーヒーが便秘に効果的だといわれるのか。理由のひとつはコーヒーの代表的な成分「カフェイン」の存在です。コーヒーには、大腸の働きを活発にする効果があります。(※1)ノンカフェインのコーヒーではその効果が薄れたことから、カフェインにその作用があると考えられます。

ただし、ノンカフェインのコーヒーでも大腸の働きをよくする効果が若干見られたことから、カフェイン以外の成分も関与しているとされています。(※1)

オリゴ糖の影響

「コーヒーオリゴ糖」の存在も、コーヒーが便秘によいと言われる理由のひとつです。コーヒーオリゴ糖はコーヒー豆のカスから抽出できるのですが、砂糖よりもカロリーが低いため、コーヒーの甘味料として用いられています。

オリゴ糖は、腸内にいる善玉菌のエサとなって腸内環境を整える作用があります。(※2)その結果、便秘症状の改善を手助けすることにつながります。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう