ライター : 上田 裕美

管理栄養士

J.S.Aソムリエ、調理師。栄養専門学校を卒業後、都内イタリア料理店で専門的な料理とワインの知識を学ぶ。管理栄養士資格を取得し、在宅訪問栄養指導、病院や保育園で献立やレシピの作成…もっとみる

コーヒーで期待できる6つの効果効能

1. 肌の調子をサポート

コーヒーにはクロロゲン酸という、抗酸化作用をもつポリフェノールが豊富に含まれています。

人の体内では酸素を利用すると同時に、活性酸素という物質が作られます。活性酸素は細胞を傷つけて酸化させるため、肌のシミやしわを作り出す原因に。

クロロゲン酸は、強い抗酸化作用でシミのもとになるメラニンの生成を抑えるので、きれいな肌作りに役立ちますよ。(※1,2,3)

2. ダイエットに効果的

コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸は、ダイエットに役立つはたらきがあります。

カフェインはリパーゼという消化酵素を活性化させ、体内に蓄積している脂肪を分解し、エネルギー源として消費するのを促しますよ。

また、血糖値が急上昇すると、インスリンというホルモンの作用により、体に脂肪を溜め込みやすくなります。食事と一緒にクロロゲン酸を摂ると、食後血糖値の上昇を抑える作用があるので、ダイエットをサポートしてくれますよ。(※4,5,6)

3. 頭をスッキリさせる

コーヒーに含まれるカフェインには、脳を覚醒させる作用があります。

アデノシンという眠気を作り出す物質は、カフェインと構造がよく似ています。本来ならばアデノシンが結合するはずの受容体にカフェインがくっつくことで、アデノシンのはたらきを妨げます。

コーヒーを飲むと、このカフェインの作用で眠気が覚めるので、頭をスッキリさせるのに役立ちますよ。(※7,8)

4. リラクゼーション効果

コーヒーの香りを嗅ぐと、リラックスした状態を表す、α波という脳波が多く出現することがわかっています。

また、リラックス作用は、コーヒー豆の焙煎度合いによって異なります。浅煎りのコーヒーよりも、香ばしい深煎りのコーヒーのほうが、高いリラックス作用がありますよ。

仕事中の息抜きやストレスを感じたときは、深煎りのコーヒーがおすすめです。(※9)

5. 胃腸のはたらきを活発にする

コーヒーに含まれるカフェインは、胃酸の分泌を促進し、消化を助ける作用があります。ほかにも、カフェインには脳の迷走神経を興奮させるはたらきが。迷走神経は内臓の動きをコントロールする作用があるので、腸の運動を促しますよ。

一方で、コーヒーに含まれるクロロゲン酸には、胃腸のはたらきを抑制する作用があり、コーヒーを飲み過ぎるとかえって便秘を引き起こす可能性も。また、空腹時に濃いコーヒーを飲むと、カフェインの作用によって胃の粘膜を痛めるおそれがあるので、注意が必要です。(※10,11)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ