キャベツ以外にもこんなしゅうまいが!

しゅうまいの皮の代用となるものは、キャベツ以外にもたくさんあるようです。さまざまな食材を使ったおもしろしゅうまいを、いくつかご紹介させていただきます。

1. 白菜でしゅうまい

Photo by macaroni

キャベツで作れるのなら、白菜でだって作れます。キャベツのように千切りにする必要もないので、こちらの方がむしろ簡単かもしれません。 白菜は電子レンジで加熱するか、さっと茹でて柔らかくしておきましょう。作り方のポイントは、白菜の葉先のほうから肉だねを包むこと。葉の部分の水分が肉だねをしっとりとさせてくれるので、パサつかずジューシーに仕上がるそうです。

2. もち米でしゅうまい

Photo by macaroni

もち米を使えば、ボリューミーで食べ応えのあるしゅうまいが作れます。作り方も意外と簡単。事前にもち米を炊く必要もなく、生米のまま作れるので楽チンです。 まずは肉だねを用意。ひき肉にお豆腐をちょっと混ぜ込むと、かさ増しできるので節約になりますよ。しかもヘルシーなのでダイエット中の方にもおすすめです。肉だねができたら、あとはもち米をまぶして蒸し上げるだけ。辛子醤油で頂きましょう。

3. コーンでしゅうまい

Photo by macaroni

とうもろこしをたっぷりまとった、かわいいしゅうまいをご紹介。甘くてプチプチの食感が楽しいコーンしゅうまいです。 肉だねにコーンをつけたら、あとはレンジで加熱するだけ。しゅうまいの皮を使わず、蒸し器も必要ありません。かわいい見た目で、お弁当に入れればお子様にも喜ばれそうですね。

4. チンゲン菜でしゅうまい

Photo by macaroni

キャベツ、白菜の次はチンゲン菜で試してみましょう。他にも、葉物野菜であればレタスもおすすめです。 作り方は、キャベツしゅうまいとほぼ同じ。キャベツのように塩もみする必要はありませんが、茎の部分がかたいのであらかじめレンジ加熱でやわらかくしておきます。あとは肉だねを巻き込んで電子レンジへ。あっという間に完成です。

5. 椎茸でしゅうまい

椎茸を使ってしゅうまい?それって椎茸の肉詰めじゃないの?なんてお思いの方。作っていただければわかると思いますが、これは立派なしゅうまいです。 ポイントは肉だねに水溶き片栗粉をくぐらせて、さらに片栗粉をまぶすこと。こうすることで、蒸したときにまるでしゅうまいの皮のような膜が張り、しゅうまい感が出るそうです。トゥルントゥルンな食感も楽しめちゃいますよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS