無水だから栄養そのまま!「タジン鍋」の簡単レシピ18選

かわいくてつい買ったけど、ずっと使ってないという方も多いのでは?そんな方に「タジン鍋」を使った人気レシピを18点ご紹介します。野菜や魚の旨味をそのまま活かした簡単レシピばかりなので、さっそく今夜作っみてくださいね♩

2017年4月19日 更新

タジン鍋、使ってる?

玉ねぎのような形がとってもキュートなタジン鍋。そのかわいらしい見た目につられて買ってしまったという方も少なくないのではないでしょうか。買ったはいいけれど、使い方がよくわからなくてあまり使ってない……というそこのあなた!

タジン鍋は油を使わないからヘルシーなお料理を作ることができますし、素材のおいしさを丸ごとぎゅっと味わうことができるという魔法のようなお鍋なんですよ。

今回はタジン鍋を使ってもっといろいろなお料理を楽しみたいというあなたのために、タジン鍋の魅力とレシピの数々をご紹介します!

無水調理でおいしいタジン鍋

「タジン鍋」は、モロッコやチニュジアを含む北アフリカの地域で、広く調理器具として使われているお鍋のこと。大きな帽子をかぶったような見た目が特徴的です。料理の名前も、調理に使うお鍋自体のことも「タジン」と呼ばれており、モロッコではオールマイティーな調理道具としてタジン鍋が使用されているのだそう。

日本の土鍋のように煮込み料理専用というわけではなく、タジン鍋自体はどちらかというと少し深めのお皿といった感覚で使われているようです。タジン鍋の主な使い方は、無水調理で作るヘルシーな蒸し料理。他には、煮たり焼いたり、オーブン料理に使用することもできます。

無水料理で旨味や栄養を逃さない!

無水調理とは、最小限の水のみを使い、野菜やお肉自体に含まれている「水」や「脂」を活用する調理方法のこと。葉野菜はもちろんのこと、お肉やお魚、根菜なども少しの水で調理することで、素材本来のおいしさがぐんと引き出されます。特にカレーやシチューなどの煮込み料理では、無水調理をすることで普段の作り方よりもずっとおいしくなると言われているんですよ。

特に注目したいのが、水に溶けやすく熱に弱いビタミンC。普通の調理法と比べると、失われるビタミンCはなんと1/3ほどに抑えられるのだそうです。素材の旨みや栄養分を逃さずに調理できる無水料理。ぜひ、タジン鍋でチャレンジしてみたいですね。

タジンを扱う際の注意点

タジン鍋は土鍋と性質がよく似ていて、底部分はとても割れやすくできています。空焚きをしてしまうと底部分に負担がかかり、寿命が縮まったり最悪の場合は割れてしまったりするので、気をつけてくださいね。

もし焦げ付いてしまったときも、熱いうちに慌てて水につけてしまうのは絶対にNG!急な温度変化で割れることがありますので、注意してください。しっかりと冷めてからお湯を張って再加熱し、フライ返しなどで焦げをはいでから洗いましょう。
1 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

motte

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう