なぜ焚き火で焼くとおいしく感じるの?

自宅や家にあるものでも焼き芋はできますが、やっぱりおいしくできるのは焚き火でしょう。焚き火でサツマイモを焼くとなぜおいしく感じるのでしょうか。【焼き芋】とはいっても、実際にはアルミホイルに包んで水蒸気を逃さないようにしているので、焼き芋は【蒸し焼き】。アルミホイルに包むことで適度な水分が保たれているので、直火で焼いたときのように水分が抜けることなく、ホクホク感が増しておいしく感じるのです。また、低温でじっくり焼かれることにより甘みも増します。

みんなで楽しく作るための注意点は?

さぁ、みんなで協力して焚き火で焼き芋を作ろう!の前にちょっと待った。いくつか注意点があるので確認してくださいね。どこでも焚き火をしていいわけではなく、火を使うことが禁止されている場所もありますので、周りをしっかり確認して、やろうとしている場所が火を使っていい場所かチェックしておくことが大切です。また、火を使っていいところであっても、焼き芋は煙が出るものなので、ご近所さんにクレームを言われることもあるかもしれません。迷惑にならない場所でおこないましょう。 また、周りに火移りしそうなところでは、大変な火事になる可能性もあるので、絶対に焚き火をしないでください!何かあったらすぐに鎮火できるように、水を用意するなど、焚き火で焼き芋をする際には、十分な注意を払うようにしてくださいね!

周りを確認し、安全に

冬になったらなぜか食べたくなる焼き芋。でも近くに焼き芋屋さんがいない……。 そんな時は思い切って自分で手作りしてみてはどうでしょう?石焼き芋を作る方法とそのポイントさえ覚えてしまえば、簡単に石焼き芋が作れますね。少し時間はかかりますが、それもまたよし。お友達と話を弾ませながら完成を待ちましょう。また、一度材料をそろえてしまえば、食べたいときに石焼き芋を食べることもできます。さまざまな注意点を守り、おいしい焼き芋を作ってみてくださいね!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS