ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

動画で解説!プロ直伝の「ラングドシャ」の作り方

調理時間:40分

サクサクっとした軽い食感がおいしいラングドシャ。アーモンドプードルを加えて、リッチな味わいに仕上げるレシピです。一般的なクッキー生地よりもやわらかいため、絞り袋に入れて絞り出すほか、スプーンで薄く広げてもOK。卵白の消費にもぴったりですよ。

材料(作りやすい分量)

・卵白……40g
・粉砂糖……40g
・バター(無塩)……40g
・薄力粉……20g
・アーモンドプードル……20g
・バニラオイル……適量

下準備

・バターは室温に戻す
・薄力粉、アーモンドプードルはそれぞれふるう
・オーブンは150℃に予熱し始める

作り方

1. 生地を作る

Photo by macaroni

ボウルにバターを入れてゴムベラでやわらかく練り、粉砂糖とバニラオイルを加えて白っぽくなるまで混ぜ合わせます。

Photo by macaroni

生地が分離しないように卵白を少しずつ加えて、なめらかになるまで混ぜます。

Photo by macaroni

アーモンドプードルと薄力粉をふるいながら加え、粉気がなくなるまでゴムベラで切るように混ぜます。

2. 生地を絞り出し、オーブンで焼く

Photo by macaroni

丸口金を付けた絞り袋に1を詰めて、クッキングシートを敷いた鉄板に絞り出します。

Photo by macaroni

天板を台に2〜3回打ち付けて生地を少し広げ、150℃のオーブンで10〜12分ほど焼きます。

Photo by macaroni

オーブンから取り出し、ケーキクーラーの上で粗熱を取ったら完成です。
【レシピ提供 macaroni】

巻くアレンジも。ラングドシャの作り方アイデア5選

1. 少量がうれしい。卵白1個で作るラングドシャ

卵白1個分だけ余ってしまうことはありませんか。そんなときにぴったりなレシピです。バニラエッセンス以外の材料は、卵白の分量と同量でOK。計量がわかりやすいのも助かりますね。ちょこっとだけ食べたいときにも、重宝しますよ。オーブンの代わりに、トースターで焼いても作れます。
Photos:16枚
ボウルに入ったバターに、粉砂糖とバニラオイルを加える様子
ボウルに卵白を少し加える様子
ボウルに粉類を加え、ゴムベラで混ぜる様子
絞り袋に入れた生地を、クッキングシートを敷いた天板に丸く絞り出す様子
クッキングシートを敷いた天板の上に絞った、ラングドシャの生地
青い柄入りの皿に盛られたラングドシャ
葉の形をした白い皿に盛られた、ラングドシャ3個
白いカップ&ソーサーの上にのせた、マーガリンのラングドシャ
グラスの中に入った、2色のラングドシャ風
白い器に入った、ココアのラングドシャ
白い器やガラスの瓶に入ったシガレットクッキー
白いボウルに入った、コーンフレークのラングドシャ
紅白柄のナフキンの上に並べた、フォーチュンクッキー
英字柄の紙の上に並べた、チョコレートをトッピングした2色のラングドシャ
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ