香川が誇る!郷土料理「なすそうめん」は感動するおいしさ♪

なすとそうめんを合わせただけの「なすそうめん」。香川県や北陸地方、奈良県などの郷土料理ですが、これが絶品なんです!温かいままでも冷たくしてもおいしいので、一年中楽しめますよ。「なすそうめん」の作り方はもちろん、歴史など詳しくご紹介します。

なすそうめんとは?

なすそうめんは、北陸地方や奈良県、香川県をはじめとしたそうめんの生産地において、郷土料理として食べられているんですよ。いちど食べれば、やみつきになること間違いありません。今回は、なすとそうめんを合体させた「なすそうめん」の魅力についてお話しましょう。

なすそうめんの特徴

「なすそうめん」とは、その名の通り野菜のなすと麺類のそうめんを組み合わせた料理のこと。地方によって味付けや作り方に微妙な違いがあるようですが、にぼしやかつお節でだし汁を取り、味噌もしくはしょうゆに砂糖を加えた味付けが基本です。

あとはお好みで調味料やほかの具材をプラスするなど、アレンジは自由自在。温・冷どちらにしても、おいしく食べられること間違いありません。

なすそうめんの歴史

「なすそうめん」を郷土料理としている地域に共通していることは、そうめんの産地として有名であるということ。生産が盛んなそうめんを生かしたアイデア料理として、数ある野菜の中でもなすとの相性が抜群ということから、この組み合わせが生まれたのかもしれませんね。

なすそうめんの基本レシピ

なすは半分に切り、味が染み込むように格子状に切り込みを入れます。一度なすの表面を焼き、蓋をして蒸し焼きにしましょう。その後斜め半分に切った油揚げ、鷹の爪と一緒にめんつゆで煮込み、ゆでて水でぬめりをとったそうめんにかければ完成!

最後にお好みでごま油を回しかけたり、ねぎや大葉などの薬味を入れるとよりおいしくなりますよ。

なすそうめんの人気アレンジレシピ4選

1. 柚子胡椒のなすそうめん

香川県の「なすそうめん」はかけつゆを作るとき、鷹の爪を入れピリ辛に仕上げますが、こちらは柚子胡椒で代用したレシピです。ゆずの爽やかな香りと鷹の爪とは違う、塩気と辛さでお箸が止まりません!

2. 竹輪入りなすそうめん

ちくわを加えて入れたなすそうめんのレシピです。こちらのレシピのように、なすとちくわを細かく刻んでもいいですし、基本レシピのように大きめに切ると食べ応えがありますよ。大根おろしを最後に添えるのもおすすめ!

3. ピリ辛!なすとツナのそうめん

こちらは油揚げの代わりにツナを入れたなすそうめんのレシピです。ツナ缶はオイルを捨てずにそのまま入れることによって、つゆにコクと魚のうまみが加わり、また違ったおいしさに。お好みで梅肉をのせるとさっぱり食べられますよ。

4. なすと豚肉のしょうがそうめん

豚肉を入れたなすのそうめんは、食べ応えがあってお腹も十分に満たされますよ。しょうがと炒めているので、ピリリとした爽やかな刺激と、豚肉の甘い脂が合わさって絶品!冷たいそうめんにするときは、豚肉をゆでて冷水でしめ、刻んだしょうがをトッピングするといいですよ。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう