ローディング中

Loading...

パン食ブームの中にいても、日本人の主食といえばやっぱりお米、という方も多いと思います。そこで今回ははそんな方に今回は、タイ米(インディカ米)のまめ知識からおいしいレシピ、炊き方までご紹介します!

タイ米(インディカ米)とは

日本では「タイ米」と呼ばれることが多いですが、学名は「オリザ・サティバ・サブウスペシース・インディカ」を略して「インディカ米」とも呼ばれています。

世界の米生産量の80%はインディカ米で、タイの米輸出量は世界第1位となっています。タイをはじめベトナム、カンボジア、中国中南部、アメリカなど広く栽培されています。

日本のジャポニカ米といえば秋に収穫するイメージがありますが、タイ米は多ければ年に3、4回の作付け(稲を植える)が可能です。6~8月に作付して11~1月に収穫する「雨季作」と、12~3月に作付して3~7月に収穫する「乾季作」が主流となっています。

ジャポニカ米と何が違うの?

現在、お米は「インディカ米」と「ジャポニカ米」のふたつが主流となっています。

ジャポニカ米は日本人がよく食べているお米で、日本をはじめ中国や韓国、アメリカなどでも栽培されています。炊くと甘みと粘りが出るのが特徴で、そのまま食べてもおいいしいといわれています。

一方「インディカ米」は、インド、ベトナム、中国とアメリカなどで栽培されていて、長細い形をしており、ジャポニカより粘りは少なくパサパサ感があります。日本では1993年の冷害で等級の低いタイ米が緊急輸入されたのですが、このとき「タイ米はパサパサしていておいしくない」とのイメージが日本に定着してしまいました。

しかし、本来のタイ米は世界でも評価が高く、パラっとしていて香りも良いです。このような特性からチャーハンやタイカレー、インドカレーなどによく合い、ご飯に味をつけて食べる料理に適しているようです。

気になるカロリーは?

タイの女性は美ボディな方が多いように見えますが、そこにはタイ米が関係しているのかもしれません。

日本米とタイ米、米100gあたりのカロリーを比較してみると、タイ米369kcal日本米358calと、タイ米の方が少し高カロリーです。しかし、タイ米は食物繊維が豊富で少量で満腹感を得ることができるという利点があります。食物繊維が豊富ということは便秘が緩和され、善玉腸内細菌が増えます。その善玉細菌が抗酸化物質を作るため免疫向上、代謝アップにつながるそうです。

また、GI値を見ると、日本米の88に対してタイ米は50。これは玄米66よりも低い数値になります。GI値が高いほうが糖質が多く太りやすい食べ物なので、ダイエットにはタイ米!といえるでしょう。

さらに、タイ米の成分や香りが不眠症にも効くといわれています。しっかりとした睡眠は美容に効果があるだけでなく、ダイエットにもよいとされています。

このようにタイ米にはダイエット効果の高い性質がたくさん含まれています。

タイ米(インディカ米)の炊き方

タイ米の炊き方ですが、日本米のように炊飯器を使って簡単に炊くことができます。

1. 炊飯器に入れる

まず、タイ米を炊飯器に入れるのですが、ポイントは研がないこと。研いでしまうと、タイ米特有の香りやビタミンが抜けていってしまうためです。タイ米は研がずに、一度水ですすぐくらいにしておきましょう。

2. 水を入れて炊く

炊飯器に入れたら、ジャポニカ米と同じように水を入れて炊飯するのですが、水はタイ米と同じ分量を入れましょう。たとえば、お米が1カップなら、水も1カップです。

3. 蒸らす

炊きあがっても、すぐにふたを開けてはいけません。タイ米は炊きあがりにすこし蒸らすことで、しっかりと芯まで火がとおり、やわらかくなります。炊く量にもよりますが、およそ5〜10分ほど蒸らしておくのが妥当です。

タイ米(インディカ米)を使ったレシピ5選

1. カオマンガイ

カオマンガイとはタイ米の上に蒸し鶏をのせたタイ料理のことです。

生姜とニンニクを入れた鍋に鶏肉を入れて煮ます。茹であがったら鶏肉はカットし、スープはとっておいてください。フライパンで米をニンニクと油で炒めたら、炊飯器に入れ先ほどの鶏肉を煮たスープで炊きます。炊けたご飯の上に鶏肉を乗せ、生姜とニンニク、タイの大豆味噌であるタオチオ、米酢、ナンプラーで作ったタレをかけたら完成です。

2. チャーハン

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

プニプニかわいい「みたらしにゃんこ」がツイッターで話題となっています!串を刺すのも思わずためらう愛らしさに、癒される人が続出中なのだとか。今回は作者さんのツイートを参考に、詳しい作り方やアレンジレシピをご紹介…

レシピ おにぎり

「わかめごはん」は、給食で人気の混ぜごはんメニューですね。子どもの頃に好きだった方も多いのでは?今回は、わかめごはんを自宅で簡単に作るレシピとアレンジした作り方、わかめごはんによく合うおかずなどをまとめてご紹…

レシピ

生姜たっぷりの身体ぽっかぽかレシピ、「生姜ご飯」をご存じですか?生姜は女性にも嬉しい効能がたっぷり。このレシピ、風味が良く白米変わりにバクバク食べられるおいしさなんです。生姜チューブを使ったり、簡単に作るコツ…

レシピ まとめ おしゃれ スイーツ おやつ クッキー ケーキ おにぎり パン

コロコロかわいい「どんぐり風レシピ」で食卓を秋色に染めませんか?今回はどんぐりモチーフのスイーツやおかずの作り方、おにぎりのどんぐり風アレンジレシピまで幅広くご紹介!コロコロかわいい姿に、あなたもはまってしま…

レシピ

秋が旬のすだち。脇役のイメージが強く、冷蔵庫で余ってしまうことも。そんなすだちはすだちシロップにすることで、いつでもすだちの味を楽しみことができますよ♩長期保存可能なのも◎。すだちシロップの作り方と活用レシピ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

「日本酒は飲んだことがあるけれど、自分で日本酒を買うにはどのような日本酒を飲めばいいかわからない」という方や「目上の方におすすめしてもらう日本酒はちょっと予算が高い」という方に、お酒のプロが選ぶ1,500円以…

まとめ

妊娠中や妊活中は生活、特に食べ物や飲み物には気を使うことと思います。そこでここでは、そんなときに気をつけたい食べ物、飲み物から、特に気をつけたいものを「5」つご紹介します!

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね。今回は特に朝、何を食べるといいかご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る