ライター : でぐでぐ

おいしいものを食べること、作ること、撮ることが大好きです。 天気のいい日はお弁当を持って、ピクニックに行きたいです!

おにぎりの海苔はパリパリがいい!

Photo by macaroni

あなたは、おにぎりの海苔はパリパリ派ですか?それともしっとり派? パリパリ派と答えたあなたにぜひとも知っていただきたい、おにぎりの包み方をご紹介します!長い時間持ち歩いていると、どうしてもしなってしまうおにぎりの海苔を、パリパリに保つ包み方があるんです。使うものはたったの2つ! コンビニおにぎりのようなパリッとした海苔で、おにぎりを堪能しましょう◎

アルミホイルを使ったおにぎりの包み方

1. ごはんにオイルを混ぜる

Photo by macaroni

おにぎり用のごはんを炊いたら、握る前にサラダ油やごま油を回しかけます。目安は、ごはん1合に対してオイルが大さじ1杯ほど。このひと手間で、アルミホイルで包んだ際に米粒がくっつきにくくなるんですよ。ごま油のほうが、こうばしい香りを楽しめるのでおすすめ!
【ここでポイント!】 アツアツのごはんで作ったおにぎりを包むと、この方法でも海苔がしなしなになりやすいので、よく冷ましておきましょう。また、使うアルミホイルはあらかじめくしゃくしゃにしておけば、ごはんがくっつきにくくなります。

2. 海苔のサイズに合わせてシートを作る

Photo by macaroni

アルミホイルを使って、おにぎりシートを作ります。海苔とアルミホイルを以下のサイズにカットしてください。 海苔のサイズ:おにぎりの幅×おにぎりを一周くるんと包める長さ アルミホイルのサイズ:海苔の幅の3倍以上の幅×海苔の長さプラス2〜3cm 海苔を真ん中に置いたら、左右のアルミホイルを折って三つ折りにします。 【ここでポイント!】 このとき、海苔ぴったりサイズで折らずに、左右に1〜2cmずつほど余裕を持たせましょう。左右から折りたたんだアルミホイルが、1cmほど重なるとちょうどいいです。

Photo by macaroni

海苔を包んだアルミホイルを裏返して、真ん中にテープを貼ります。セロハンテープでもOKですが、カラフルなマスキングテープを貼るとかわいく仕上がりますよ!ただし、マスキングテープは粘着力が弱い場合が多いので、強粘着のものを使用しましょう。

ITEM

強粘着マスキングテープ

¥348

※2018年9月4日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Photo by macaroni

テープの端を折って、持ち手を作りましょう。おにぎりを開けるときに、ここをつまみます。反対側は、アルミホイルの端に合わせてカットしてOK。

3. おにぎりを包む

Photo by macaroni

アルミホイルの端が重なっている部分に、おにぎりを置きます。上は1cmほど空けましょう。

Photo by macaroni

手前側のアルミホイルを折り上げて、おにぎりを包みます。

Photo by macaroni

余った部分を折って、テープでとめます。

Photo by macaroni

アルミホイルで作る、パリパリ海苔のおにぎりが完成!味がわかるラベルを手作りして、表に貼ってもかわいいですね。
▼動画で詳しく見たい方はこちら!

パリパリ海苔のおにぎりを開封!

Photo by macaroni

それでは、完成したおにぎりを食べてみましょう。テープを引っ張ると……ピリピリ〜!きれいにアルミホイルに切れ目が入りました!

Photo by macaroni

コンビニおにぎりと同じように、左右のホイルを順番に引っ張って外します。海苔が破けないよう、慎重に、慎重に。

Photo by macaroni

パッカ〜ン!おにぎりのシートが、きれいに外せました!パリッとかわいた海苔でおにぎりを包んで、いただきます♪

海苔巻きも◎ アルミホイルを使った巻き方

1. 手巻き寿司を作る

Photo by macaroni

おにぎりと同じようにごはんにオイルを混ぜたら、テーブルに広げたラップの上に薄く広げます。海苔よりも小さめになるよう広げましょう。 真ん中に、鮭フレークや納豆などお好みの具材をのせてください。今回は、昨日の晩ご飯で食べた麻婆茄子の残りをのせました。汁気のあるものは、十分に水気を切ってからのせましょう。

Photo by macaroni

ラップでごはんを包んで、棒状になるようにまとめます。この時点では、海苔巻きというよりは細長いおにぎりですね!

特集

FEATURE CONTENTS