ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

デュラムセモリナ粉の特徴

デュラムセモリナとは、デュラム小麦から作られた小麦粉のことを指します。ケーキやうどんに使われる小麦とは別の品種で、主にパスタに使われる品種。

デュラムセモリナには、パスタにしてゆでたときにもちっとした弾力があり、形がくずれにくいという特徴があります。パスタにデュラムセモリナが使われるのは、そのような特徴があるからなのですね。

デュラム小麦とは

デュラム小麦はほかの小麦と比べて、どのような違いがあるのでしょうか。小麦粉ごとの特徴と比較しながら、デュラム小麦の特徴を見ていきましょう。

1. 硬質小麦(強力粉)

強力粉は、タンパク質が多く粘りや弾力を持っているのが特徴。「硬質小麦」から作られていて、主にパンに使われます。デュラムセモリナ粉の方がタンパク質は多いですが、パン生地には粘りのある強力粉の方が向いていますよ。パンを作るなら、強力粉をメインにしてデュラムセモリナ粉を混ぜる形で生地を作ります。

2. 中間質小麦(中力粉)

中力粉は、タンパク質の含有量や弾力は強力粉と薄力粉の中間。「中間質小麦」から作られていて、中力粉で作る料理はふんわりした食感と適度な弾力が生まれるため、主にうどんに使われます。国産の普通小麦は、中力粉の部類に属していますよ。

3. 軟質小麦(薄力粉)

薄力粉は、タンパク質が少なくやわらかめ。ふわっとやさしくサクサクと軽い食感になるため、主にケーキやクッキー、天ぷらによく使われます。アメリカ産の小麦が多く使われている点も、薄力粉の特徴のひとつです。

4. デュラム小麦(デュラムセモリナ粉)

デュラムセモリナ粉は、特にしなやかで弾力のあるタンパク質が多く含まれています。「デュラム小麦」から作られ、パスタに使われることが多いです。また、見た目に着目すると一般的な小麦粉は白色ですが、デュラムセモリナは黄色(琥珀色)。デュラムセモリナ100%のパスタが黄色いのは、そうした理由があるのです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ