もち麦の炊き方・保存方法!水の量やもち麦の割合も解説

女性に大人気の「スーパーフード」。次から次へと良い食材が出てきますよね♪ そして今、注目を浴びているのが「もち麦」。身体にいいだけではなく、その食感や食べ応えにハマる人が続出中です。今回はそんなもち麦の炊き方を紹介します。

食物繊維たっぷり!もち麦の魅力とは?

もち麦とは?

もち麦は大麦の一種。お米にうるち米ともち米があるのと同様、もち性の大麦が「もち麦」。昔からビールや麦茶の材料にも使われています。もち性なので粘りがありモチモチ、プチプチとした食感が人気!

どうやって食べるの?

味だけではなく、手軽に無理なく食べ続けられる点ももち麦の魅力。白米に混ぜて炊飯器で炊くだけで腹持ちの良い、一膳でも満足できるごはんになります。

炊き込みごはんにすれば、モチモチ感がまるでおこわやお赤飯のよう。ゆでて冷凍しておいても好きな時に使えてとても重宝。どんな料理とも合うのでサラダや納豆のトッピングにしたりスープに混ぜたりと常に使えて、欠かせない食材になること間違いなしです。

炊飯器で炊ける!もち麦ごはんの炊き方

もち麦ごはんの炊き方

もち麦の食べ方ですが、まずは白米に混ぜて炊飯器で炊いて食べるのが簡単でおすすめ。白米ともち麦を半々の割合で炊く5割炊きだとポロポロとした食感が強く、慣れていない人には抵抗があるかもしれません。

最初は3割からはじめてみましょう。ふっくらモチモチ。プチプチ感も楽しくきっと好きになれます。

その後、5割を試せばポロポロ感のおかげでしっかり噛むようになれるので、ゆっくり時間をかける食事を楽しめるようにもなれるはず。

3割もち麦ごはん

1. お米を研ぎ少し多めの水に浸したら、もち麦を加えて全体に広がるように軽く混ぜます。もち麦は白米と違って洗わなくて大丈夫です。

2. 麦は水分の吸収が悪いので必ず1時間ほど水に浸してから炊くようにしましょう。

お米の合数に対して加えるもち麦、水の量は以下のようになります。
1. お米1合に対して、もち麦50g、水100g(cc)
2. お米2合に対して、もち麦100g、水200g(cc)
3. お米3合に対して、もち麦150g、水300g(cc)

5割もち麦ごはん

5割炊きは、お米と同じ量のもち麦と水を加えるだけなので計算が簡単!

1. お米を研ぎ少し多めの水に浸したら、もち麦を加えて全体に広がるように軽く混ぜます。もち麦は白米と違って洗わなくて大丈夫です。

2. 麦は水分の吸収が悪いので必ず1時間ほど水に浸してから炊くようにしましょう。

お米の合数に対して加えるもち麦、水の量は以下のようになります。
1.お米1合に対して、もち麦150g、水150g(cc)
2.お米2合に対して、もち麦300g、水300g(cc)
3.お米3合に対して、もち麦450g、水450g(cc)

もち麦ごはんの保存方法

冷凍保存がおすすめ!

もち麦は白米よりも少々傷みやすい食べ物。炊飯器で「保温」にしておくのはNGなので残った分はすぐ小分けにして冷凍保存しましょう。冷凍庫で1ヶ月は保存がききます

毎日ごはんを炊かないという人も多めに炊いて小分けにしてラップで包んだり容器に入れて冷凍。その都度、必要な量だけ解凍して食べられるので便利ですよね。レンジでチンすればすぐホッカホカ。モチモチでプチプチの炊きたてのおいしさになります。

冷凍のコツ

お茶碗1膳分を小型の容器に入れて冷凍してもよし。ラップで包みお握り型にして冷凍してもよし。いずれにしろ炊飯器から温かいうちに小分け。その後、冷ましてから冷凍庫にいれます。

週末にたくさん炊いておけば、レンジで温めるだけで朝食やお弁当、夕食にもすぐ食べられて便利ですよね。夜遅く帰宅して軽くお茶漬けが食べたい!なんていう時にも胃にもたれず、夜食としても食べられます♪

お鍋でもOK!「もち麦だけ」で炊く方法

もち麦だけを炊飯器で炊く方法(基本)

特集

SPECIAL CONTENTS