ライター : bambi

グルメ主婦ライター

奈良県在住、小学生2人を持つ主婦ライターです。奈良県と言えば鹿のイメージが強いと思いますが、美味しい食材もたくさんありますよ。

豊富な炊き込みアレンジ♪ もちっとした食感レシピ

もち米の弾力に富んだもちっとした食感は、炊き方をアレンジすることでさらにいろいろな食感を楽しむことができます。もち米ではお餅しか作れないと考えている人には軽く衝撃を与えることができるかもしれません。 もち米というシンプルな食材を使ってさまざまなレシピを試してみると、その奥深さにびっくりすること間違いありません。もち米を使っていろいろなレシピを作ってみれば、料理の腕もめきめき上がること間違いなしでしょう!

炊飯器で簡単!もち米の炊き方

まずは計量です。もち米は正確に計量してください。乾いた手でおこなうのがポイントです。

1. 洗米
洗米は計4回で、1分程度で終わらせましょう。手早く洗米すると、お米がとぎ汁を吸ってヌカ臭くなるのを防ぎます。1回ごとに水が白く濁ってきたら水を捨てましょう。

2. 水の量、漬け方
浸漬は不要です。もち米は浸漬せずに炊きます。もち米は吸水率がいいので、浸漬すると炊くときに炊き水がない状態になってしまいます。水の量は、お米を炊く際の3/4ほどで大丈夫です。浸漬については品種によって多少異なるので、パッケージを確認してからおこないましょう。

3. 炊飯
お米をならして、できるだけたいらにしてからスイッチを入れてください。

4. ほぐし
蒸らしが終わったらすぐにほぐしましょう!! 釜のまわりからごはんをはがすように、しゃもじを1周させます。そして、十文字に4等分し、釜底からまんべんなく空気を入れるようにほぐします。余分な水分をとばすことで、透明感と光沢のあるごはんになりますよ。

もち米を使った人気【食事系】レシピ10選

1. もち米入りで作る。栗ごはん

お米ともち米のブレンドで作る栗ごはんです。もち米は、それほど水に浸しておく必要はないので、ザルにあげておきましょう。シンプルな風味でおかずは何でも合います。栗ごはんだけでもおいしくいただけますよ。ごま塩はお好みで、と言いたいところですが、陰の主役はごま塩というくらい欠かせないものになっています。

2. 炊飯器で簡単。赤飯

もち米100%で作り炊飯器で炊く、お手軽なお赤飯です。お祝い事やパーティーに重宝しますよ。もち米だけで作っているので、お米がつやつやで本当にモチモチした食感になりました。小豆もふっくらとしていて、とてもおいしいです。赤飯らしい鮮やかな色で見た目もきれいですね。

3. お弁当にも。山菜おこわ

お米にもち米を混ぜることで、ツヤがありもっちりとしたおこわになります。十分に蒸らすことでツヤがよく、もちもちな山菜おこわに仕上がります。お米のとぎ方ですが、最初に入れる水をもっともお米が吸収しやすいので、最初だけでも、より良質な水を使うのがおすすめですよ。

4. 具だくさんで作ろう。炊き込みおこわ

もち米100%で作るおこわは、モチモチとした食感で最高においしいです。炊飯器で簡単においしく炊くことができます。野菜の旨味も一緒に味わってくださいね。冷蔵庫にある野菜は大体何を入れてもおいしく仕上げることができます。ごぼう・にんじん・ほうれん草・しめじ・豚肉などもいいですね。味付けはおまかせですが、酒、みりん、砂糖、しょうゆ、塩を少量ずつがポイントです。

編集部のおすすめ