「麦こがし」ってどんな食べもの?懐かしい味わいにほっこり◎

「麦こがし」という食べものご存知ですか?世代では懐かしいと感じる人も多いと思います。今回は、おいしく食べられる「麦こがし」を使ったレシピはもちろん、通販サイトで買えるおすすめの「麦こがし」を厳選しました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

2018年11月30日 更新

「麦こがし」とは

地方によっては、「はったい粉」や「香煎(こうせん)」とも呼ばれている「麦こがし」。ミネラルや食物繊維が豊富で消化もよく、栄養価が高い食材なんです。その歴史は古く、江戸時代には多くの家庭で作られていたとされています。現代でも和菓子の落雁(らくがん)の材料に使われる、私たちの身近な食べものなんです。

どうやって作るの?

「麦こがし」は、大麦やはだか麦を炒ってから挽いて粉にしたもの。灰褐色と麦の芳ばしい香りが特徴です。家にあるフライパンやミルサーを使って、手作り麦こがしを作ることもできます。トウモロコシやキビなどを原料にする地域もあり、地方で異なる味わいが楽しめる食材でもあるんです。

熱海土産の原料にも

静岡県の熱海市では、約1300年前からまつわる麦こがしを使った「黒麦まんじゅう」が大人気。2016年11月25日に発売して以降、1日5,000個以上売れたこともあるほど、熱海の新名物になっています。もちもちな食感に、上品な甘さと麦の高い香りが特徴です。熱海に立ち寄った際には、ぜひ味わってみてくださいね。

「麦こがし」のおいしい食べ方

「麦こがし」の食べ方は実にさまざま。昔ながらの食べ方としては、砂糖を入れて粉末のまま食べたり、お湯を注いで溶いて飲むことが主流です。砂糖やお湯はお好みの量で調整してみてくださいね。

そのまま食べるのに抵抗がある場合は、お湯の代わりにミルクを注いでみたり、お菓子作りの材料として使ってみましょう!
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

tomaco.(とまこ)

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう