ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

凍み大根とは

Photo by 稲吉永恵

凍み大根とは、気温が氷点下になる地域で作られる伝統的な保存食。大根を煮てから軒先に吊るし、夜は凍らせて昼は溶かすという工程を繰り返して作られます。

氷点下の外気にさらされた大根は、夜から朝にかけてカチカチに凍り、日中は陽に当たって溶け水がぽたぽたと滴ります。これが繰り返されることで、大根はカラカラに乾燥し、素材本来の甘味や旨味が凝縮されるのです。

冷凍と乾燥を繰り返した凍み大根は、水分が抜けて味が染み込みやすくなるのが特徴。大根の甘味も強くなり、奥深い味わいを楽しめますよ。凍み大根は、風土の力を利用した天然のフリーズドライ製法のため、仕上がるまでに1ヶ月半〜2ヶ月ほどかかります。

氷点下にならない地域では、冷凍庫を活用し作ることが可能で、通常よりも短い期間で仕上げられますよ。この記事では、ご自宅で作れる凍み大根の時短レシピをご紹介します。

野菜ソムリエが教える。凍み大根の時短レシピ

Photo by 稲吉永恵

調理時間:約1ヶ月
保存期間:冷凍用ジッパー袋に入れ、冷凍庫で1年以上保存可能


凍み大根は、冷凍庫を利用すればご自宅でも作ることができます。梅雨時期を避け、乾燥した季節に挑戦してみましょう。時間はかかりますが、味わいは格別。おでんや煮物、スープなどさまざまな料理に活用できます。長期保管も可能なので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(4〜5人分)

Photo by 稲吉永恵

・大根……1本(約1kg)

作り方

1. 切る

Photo by 稲吉永恵

大根は、厚さ1.5〜2cm程度の輪切りにし、皮をむきます。

2. ゆでる

Photo by 稲吉永恵

沸騰したお湯に大根を入れ、やわらかくなるまでゆでます。

Photo by 稲吉永恵

ザルにあげて冷まします。

3. 大根に穴をあける

Photo by 稲吉永恵

大根の中心部分に箸で穴をあけます。

Photo by 稲吉永恵

穴はあまり大きすぎず、ナイロン紐が通る程度がおすすめです。

編集部のおすすめ