3. さっぱり冷やし中華風。お酢

Photo by Uli

お酢を入れると、さっぱりさわやかに食べることができます。穀物酢を使うと酸味がビシッと決まり、米酢を使うとまろやかに、黒酢を使うと深みのある味わいになります。錦糸卵やハム、きゅうりなどを添えて、お酢入りのそうめんつゆをかければ、冷やし中華風になりますよ。

4. おしゃれな雰囲気に。オリーブオイル

Photo by Uli

オリーブオイルのフルーティーでふくよかな香りが、そうめんつゆの味わいを引き立てます。トマトやアボカド、ツナなどを入れて、おしゃれに仕上げれば、そうめんレパートリーのマンネリ化を防ぐことができますね。

5. まろやかさが絶妙。マヨネーズ

Photo by Uli

王道の食べ方に飽きてきたら、思い切ってマヨネーズを混ぜてみましょう。まろやかさもありつつ、やわらかな酸味がクセになるそうめんつゆに仕上がります。マヨネーズをよく溶きほぐして、そうめんに絡みやすくするのがポイント。炒り白ごまや七味を加えてもおいしいですよ。

食欲ない日も。さっぱり系アレンジのそうめんつゆレシピ3選

1. 梅干しと大葉で。ジェノベーゼ風

Photo by macaroni

大葉と梅干しで、ジェノベーゼ風のそうめんにチャレンジしてみませんか。大葉のさわやかな香りと、梅干しの酸味がクセになること間違いなし!めんつゆとオリーブオイルで簡単に作ることができるのも魅力です。

2. フレッシュ!すりおろしトマトつゆ

Photo by macaroni

生トマトをすりおろして作る、フレッシュなそうめんレシピです。トマトのやさしい甘さと、めんつゆの深いコク、レモンの酸味が相性抜群!シャキシャキの長芋と粘りのあるオクラが、絶妙なアクセントとして活躍します。

3. さっぱり。大根おろしそうめんつゆ

暑い日や食欲のない日におすすめなのは、大根おろしを使うレシピ。大根おろしとだし汁、基本調味料で手軽に作ることができます。そうめんと豚肉におろしつゆが絡み、さっぱり軽くいただくことができますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ