ローディング中

Loading...

夏が旬のそうめんかぼちゃ。素麺のような見た目からその名が付きました。あまり見かけない食材ですが、どのようにして食べるか知っていますか?不思議なほどスルスルとほぐれて麺状になる下処理法、栄養価やおすすめレシピまで、たっぷり魅力をお伝えします!

そうめんかぼちゃはウリ科のカボチャ属

夏に食べたい定番のそうめんですが、野菜にもそうめんがあるのを知っていますか?その名も「そうめんかぼちゃ」。見た目はウリのような形をしており、属性はウリ科カボチャ属。西洋カボチャの一変種といわれています。

実はそうめんかぼちゃは俗名で、正式には「金糸瓜(きんしうり)」という名の野菜。そうめんかぼちゃは、その見た目からついた名称です。他にも、そうめんうり(素麺瓜)、いとかぼちゃ(糸南瓜)という俗名があります。英語ではスパゲッティ・スカッシュ(Spaghetti squash=スパゲッティ瓜)と呼ばれており、欧米では主菜の付け合わせ、パスタの代わりに食べられている食材です。

日本では石川県能登の伝統野菜として登録されており、能登以外の地域でも生産されています。日本では少しめずらしい食べ物ですが、シャキシャキとした食感が特徴で、夏にはさっぱりいただけるおすすめ食材。そうめんかぼちゃとはどんな野菜なのか、栄養価や下処理の方法、おすすめレシピまでご紹介します!

そうめんかぼちゃの栄養と旬

ダイエット中におすすめの食材

カロリーは100gあたり24キロカロリー。でんぷん質が多いかぼちゃは、同量で91キロカロリーあるので、非常に低カロリーであることがわかります。脂質が少なく、ダイエット中におすすめの食材のひとつといえます。また、美肌作用のあるビタミンC、貧血を予防する葉酸、むくみを取るカリウムなども含まれています。

旬は夏

春に種をまき、7月〜8月にかけて収穫・出荷されます。保存性が非常に高く、追熟することで果肉もほぐれやすく風味も増し、12月頃までいただくことができるようです。ただし、さっぱりとしたシャキシャキ感が特徴なので、暑い夏の季節を旬に持つ野菜といわれています。

そうめんかぼちゃの茹で方(下処理)

では、実際どのようにして食べるのか?そうめんかぼちゃの下処理をご紹介します。

1. 輪切りにして、タネとワタを取り除く

両端(ヘタと先)の硬い部分は切り落とし、3〜4センチほどの厚めの輪切りにします。スプーンを使って、タネと周りについているワタを取り除きます。

2. 茹でる

大きな鍋に水を入れて沸騰させたら、そうめんかぼちゃを入れて茹でます。浮いてきてしまうので落し蓋をするか、上下を入れ替えてまんべんなく火を通しましょう。まるごと1個下処理する場合の目安となる茹で時間は、20分前後。果肉部分が鮮やかな黄色になり、軽く箸でほぐれる程度です。

3. 水にさらす

茹で上がったら、火が入りすぎないようにしっかり水にさらします。食感が変わってしまうので、冷たい氷水で一気に冷やすのがポイントです。

4. 手で軽く揉み、皮から果肉を取り除く

ひとつずつ手の平にのせて、内側がこすれる程度に揉んでいきます。すると徐々に果肉がほぐれていきます。(熟しているものであれば、茹でている間にホロホロとほぐれていきます。)手やフォークなどでやわらかく果肉をほぐし取り、外れたものから水にさらします。さらに水の中でダマになった部分をほぐします。

5. 最後に水を切る

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

「揚げ出しなす」のレシピ。じゅわっと溢れる旨みがたまらんっ!

レシピ

食べると幸せを感じる、ジューシーな「揚げ出しなす」。今回は、基本のレシピや上手に作れる秘密のコツをご紹介します。一度覚えればとっても簡単に作れるので、揚げ物はちょっと苦手……という方も、ぜひチェックしてみてく…

特売品でもA級に!「マグロの漬け丼」のレシピ&タレアレンジ5選

レシピ まとめ

今日はマグロのお刺身が安かった!そんな日は、「漬け丼」にしてさらにおいしくいただきましょう◎ 今回は、さまざまな魚に活用できる漬け丼のレシピに加え、タレのアレンジレシピもご紹介。マグロを存分に楽しみましょう!

お家で簡単パティシエ気分♩本格「フロランタン」のレシピを詳しく解説!

レシピ

香ばしいアーモンドとクッキーの相性が抜群の「フロランタン」。ケーキ屋さんなどで目にしますが、じつはお家で手作りすることができるんですよ!今回は、本格フロランタンのレシピや、簡単に作れる人気のアレンジをご紹介し…

おうちで手作り◎ 自然派おやつ「干し芋」の作り方

おやつ レシピ さつまいも アレンジレシピ

炊飯器を活用した干し芋の作り方やおいしい食べ方、アレンジレシピなどご紹介。蒸して天日干しにするだけで簡単に作れます。そのまま食べるもよし、炙ったりバターで焼いたりしてもよし、おかずやスイーツにアレンジしてもよ…

コリッとやわらか「豚軟骨」のレシピ15選!下処理法も解説◎

レシピ 豚肉 肉料理 まとめ

コリコリした歯ごたえと骨まわりの柔らかさが特徴の「豚軟骨」。調理法がわからず買ったことがなかったという方も多いのでは?今回は、豚軟骨を味わいつくす人気レシピを厳選してご紹介。煮込みや炒め物のほか、子どもが喜ぶ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

子どもと簡単に作れる♪動物のお弁当レシピ4選

お弁当 サンドイッチ まとめ

お子様が少し大きくなって来て、ママの調理を興味津々に見ていること、ありませんか?もし、そんなお子様がいたら是非お弁当作りに誘ってみてください。自分で可愛い動物のお弁当が出来たらすごく喜んでくれますし、ママも助…

冷凍卵を使ったレシピ7選。もちもちクリーミーな新食感!

レシピ おつまみ たまご まとめ

冷凍卵ってご存知ですか?凍らせると食材が美味しくなると話題になっていますが、卵も冷凍すると黄身がもちもちかつクリーミーになるため、現在大人気!今回は冷凍卵の作り方と、その冷凍卵を使ったちょっと便利なアレンジレ…

スムージーだけじゃもったいない!冷凍いちごの活用レシピ7選

レシピ いちご スイーツ フルーツ まとめ

冷凍フルーツを使ったレシピというと、スムージーが定番ですよね。今回は冷凍いちごをそれ以外のものにも活かせるレシピをご紹介します。飲み物はもちろん、デザートにも使える冷凍いちご、ぜひ活用してみてくださいね。

健康と美味しいは両立できる!「減塩分」のオススメレシピ4選

レシピ まとめ

どんな料理にも「塩分」が入っていますよね。今「減塩分」が注目されています。塩分をとりすぎてしまうと高血圧やむくみなどといった原因にも繋がるので、「減塩分」で健康で美味しい食事をしましょう☆レシピもいくつか紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

記事広告

今年は「もずく鍋」がトレンド⁉︎「魚屋の鍋つゆ」なら魚のエキスパート絶賛の味に♩

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

記事広告

きじまりゅうたさん厳選高級肉ゲット♩「#フォトジェ肉生茶」投稿キャンペーン開始!

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

記事広告

おいしくて見た目もかわいい!意外な○○で作るハロウィンレシピ!

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

ページTOPに戻る