梨の種類11選

ここからは、梨の種類についてご紹介していきます。メジャーな「幸水」はもちろん、たくさんの種類の梨をお伝えするので、旬や味に注目してみてくださいね。

梨といえば「幸水」

幸水は、シャリシャリとした食感と強い甘味が特徴。早い時期に出荷され、なかには7月初旬から市場に出回っているというものも。旬は7月~9月とされています。夏の暑い時期においしくいただきたい種類の梨ですね。

酸味と甘さが絶妙「豊水(ほうすい)」

ジューシーな果肉と酸味と甘みの濃厚な味わいが楽しめる「豊水」は、梨好きからの人気が高い梨のひとつです。大玉のため食べごたえも抜群!旬は8月下旬~9月下旬。

青梨といえば「二十世紀」

青梨の代表ともいえる「二十世紀」は、食感がいいのが特徴です。二十世紀を代表する品種になってほしい、とのことから「ニ十世紀」と名付けられたそう。

日本はもちろん、アジアやアメリカなどでも人気を集めています。旬は8月下旬~9月下旬。果汁が多く甘さがあり、とても人気の梨です。

食感がたまらない「新高(にいたか)」

梨のシャリシャリとした歯ごたえを、より楽しみたいという方におすすめなのが「新高」です。新潟県の「天の川」と神奈川県の「長十郎」を勾配して作った梨で、すっきりとした上品な甘さが特徴。

ソフトボールくらい大きな梨なので、1個食べるだけで満足感があります。旬は9月下旬~10月下旬まで。秋ごろにおいしくいただける梨ですよ。

ジューシーな「秋月(あきづき)」

2001年に品種登録されたまだまだ新しい梨です。「新高」と「豊水」を勾配して作った梨に「幸水」を勾配して作られました。ジューシーな果肉が特徴。酸味も少なくやわらかくておいしい果肉が絶品です。旬は9月上旬~10月上旬ごろ。親の良い部分をあわせもった「梨界のサラブレッド」とも言われている品種です。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS