ライター : kkk_ooo

食べることが好きな20代。甘いスイーツが大好きです。 趣味は映画鑑賞とお菓子作り!映画を見ながら甘いものを食べるのが至福の時間です。大好きなスイーツを中心にさまざまな食の情報…もっとみる

梨の種類、知ってますか?

千葉県で多く生産されている「幸水(こうすい)」や長野県が原産の「南水(なんすい)」など有名な梨は知っているという方もいるかもしれませんが、梨にはまだまだたくさんの種類があります。

梨の歴史

梨の歴史は古く、日本では弥生時代に中国から入ってきたと言われています。日本書紀にも栽培の記録が残っているというので、驚きですよね。ただ、当時の梨は現在のような甘くておいしい梨ではなく、小さく味も甘くなかったそう。 現在のような甘い梨は、江戸時代以降に品種改良によって生まれました。品種改良によってどんどんおいしくなっている梨ですが、どんな種類があるのかますます気になりますよね。さっそく、梨の種類について詳しくみていきましょう。

梨の種類は大きく分けて3つ

和梨

「和梨」は、日本で多く栽培されている種類です。私たちが普段から食べている梨の多くはこの「和梨」にあたります。
和梨のなかでも「赤梨」と「青梨」の2種類があります。「赤梨」は、「幸水」などの皮の色が茶色い梨のことです。甘い品種が多いのが特徴。 「青梨」は、「二十世紀」という品種が代表とされる淡黄緑色の梨で、「赤梨」のように甘くはありませんが、上品な味わいを感じられますよ。

中国梨

「中国梨」は、日本ではあまり浸透しなかったため、ほとんど栽培されていません。「慈梨(ツーリー)」といった品種が人気。味や食感は「和梨」とほとんど変わりません。とてもジューシーでおいしいとのことです。

洋梨

「洋梨」は、ラ・フランスなどが有名で、よくお菓子などに使われているのをみかけますよね。ほかの2種類とは違い、「追熟」というさらに甘さを強くする期間があるのも特徴です。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS