お気に入りが見つかるかも!梨の種類&失敗しない見分け方も

夏から秋にむけて定番の果物「梨」ですが、どんな種類があるのか知っていますか?実は、梨にはたくさんの種類があるんです。今回は、梨の種類とおいしい梨の選び方についてご紹介します。ばっちりチェックして、梨狩りに行くのも良いかもしれませんね♪

梨の種類、知ってますか?

千葉県で多く生産されている「幸水(こうすい)」や長野県が原産の「南水(なんすい)」など有名な梨は知っているという方もいるかもしれませんが、梨にはまだまだたくさんの種類があります。

梨の歴史

梨の歴史は古く、日本では弥生時代に中国から入ってきたと言われています。日本書紀にも栽培の記録が残っているというので、驚きですよね。ただ、当時の梨は現在のような甘くておいしい梨ではなく、小さく味も甘くなかったそう。

現在のような甘い梨は、江戸時代以降に品種改良によって生まれました。品種改良によってどんどんおいしくなっている梨ですが、どんな種類があるのかますます気になりますよね。さっそく、梨の種類について詳しくみていきましょう。

梨の種類は大きく分けて3つ

和梨

「和梨」は、日本で多く栽培されている種類です。私たちが普段から食べている梨の多くはこの「和梨」にあたります。
和梨のなかでも「赤梨」と「青梨」の2種類があります。「赤梨」は、「幸水」などの皮の色が茶色い梨のことです。甘い品種が多いのが特徴。

「青梨」は、「二十世紀」という品種が代表とされる淡黄緑色の梨で、「赤梨」のように甘くはありませんが、上品な味わいを感じられますよ。

中国梨

「中国梨」は、日本ではあまり浸透しなかったため、ほとんど栽培されていません。「慈梨(ツーリー)」といった品種が人気。味や食感は「和梨」とほとんど変わりません。とてもジューシーでおいしいとのことです。

洋梨

「洋梨」は、ラ・フランスなどが有名で、よくお菓子などに使われているのをみかけますよね。ほかの2種類とは違い、「追熟」というさらに甘さを強くする期間があるのも特徴です。

梨の種類11選

ここからは、梨の種類についてご紹介していきます。メジャーな「幸水」はもちろん、たくさんの種類の梨をお伝えするので、旬や味に注目してみていってくださいね。

梨といえば「幸水」

幸水は、シャリシャリとした食感と甘さが強いのが特徴。早い時期に出荷されるのも特徴で、なかには7月初旬から市場に出回っているというものも。旬は7月~9月とされています。夏の暑い時期においしくいただきたい種類の梨ですね。

酸味と甘さが絶妙「豊水(ほうすい)」

ジューシーな果肉と酸味と甘みの濃厚な味わいが楽しめる「豊水」は、梨好きからの人気が高い梨のひとつです。大玉のため食べごたえも抜群!旬は、8月下旬~9月下旬。これからの時期が食べごろの梨です。

青梨といえば「二十世紀」

青梨の代表ともいえる「二十世紀」は、食感が良いのが特徴です。二十世紀を代表する品種になってほしい、とのことから「ニ十世紀」と名付けられたそう。

日本はもちろんですが、アジアやアメリカなどでも人気を集めているんですよ。旬は、8月下旬~9月下旬。果汁が多く甘さがあるとても人気の梨です。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

kkk_ooo

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう