超大玉の「新興梨」! 気になる特徴や味わいなど徹底解剖

シャキっとした食感、あふれる果汁、口いっぱいに広がる甘みと酸味。果物の中でも好きという人が多い梨はいろいろな品種がありますが、「新興」という品種を聞いたことがありますが? その特徴は梨とは思えない迫力満点の大きさ。そのほかの特徴やお味、おいしい食べ方なども一挙紹介!

2019年4月22日 更新

新興梨(しんこうなし)とは

突然ですが、「新興梨」って聞いたことありますか? この梨はさわやかな酸味と甘みが特徴の「二十世紀梨」と「天の川」という品種の交配種で、1941年に命名されました。

自然にできた品種なので最初はどの品種から生まれたのか謎に満ちていましたが、のちの遺伝子解析により親が判明。大ぶりな実をした新興梨は、生産量はさほど多くありませんが、シャキシャキの食感と甘い果汁が楽しめる品種です。

新興梨の特徴

ずっしり重い大玉

新興梨の最大の特徴はその大きさです。一般的な梨は250g~大きいもので400g程度ですが、新興梨はなんと400g~600gという超特大サイズ!

手に持ってみるとずっしりと重みが感じられ、果物とは思えないインパクトです。ほかの梨と並べると、あまりの存在感に思わず笑ってしまうかも。

程よい甘さにやわらかな酸味

シャキっとした気持ちのよい食感の新興梨は、適度な甘さとやさしい酸味が味わえます。そのバランスがよく、甘すぎない甘さが人気の秘訣。果汁が多いのも特徴で、ひと口食べると口いっぱいにジューシーな甘みと酸味が広がりますよ。

ちなみに果肉は完璧にシャキシャキというよりは、ちょっぴりやわらかめです。

新興梨の旬と主な産地

新興梨の旬は10月頃。例年10月中旬あたりから収穫がはじまり、11月いっぱいくらいまでとれるのだそう。でも新興梨は収穫後もおいしい状態が長続きするので、スーパーなどではお正月あたりまでお目にかかれます。

主な生産地は新潟県で全体の約3割を占めています。梨の中では5番目に多く作られる品種なのですが、全体としての生産量は少なめなのがちょっと惜しいところ。レアということはないですが、そこまで多くお目にかかれる品種でもないので見つけたらぜひゲットしてみてください♪
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

camel6808

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう