新興梨のおすすめの食べ方

まずは生で味わって

果汁がたっぷりでジューシーな新興梨は生で食べるのが断然おすすめ。梨はお尻側の方が甘いので、くし形にカットすると甘さを均等に味わえます。あふれる果汁から感じられる甘みと酸味を堪能してください。 また、生で食べると新興梨の食感も楽しめます。ちょっとやわらかいけれど、しっかりとシャキッとした食感が感じられるので、合わせてお楽しみください♪

コンポートもおすすめ

生もおすすめなんですが、もっと長く保存したい! というときはコンポートにしてみて♪ 砂糖を加えて煮込むので生よりもっと日持ちがよくなり、さらにアイスやケーキ作りに使えるというメリットも。 ジャムを作ればトーストや紅茶に入れて楽しむなんてこともできちゃいます。コンポートならではの濃厚な甘みが口いっぱいに広がり、これもまた捨てがたいおいしさですよ。

時期にやってくる旬の新興梨を思いっきり味わおう♪

好きな果物ランキングでも上位に食い込む梨。幸水や豊水、二十世紀梨などさまざまな品種があり、どれもとってもジューシーで濃厚な甘みが楽しめます。かと思うとほのかな酸味も感じられるので、いつまでも食べていたくなる魅惑の果実、それが梨です。 その中でもあまり耳にしない「新興梨」についてピックアップしてみましたが、魅力が伝わりましたでしょうか? 目をうたがうくらいの超大玉で、甘みとやわらかい酸味の調和が楽しめる品種です。秋になると旬の時期になり、スーパーなどでもお目にかかれるようになるので、気になる方はぜひ食べてみてくださいね♪ まずは生で、お次はコンポートやジャムにしてたっぷり「新興梨」を堪能しつくしましょう!
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ