4. 独特の風味。レーズンクルミのパン・ド・カンパーニュ

黒糖を使う、レーズンとクルミのパン・ド・カンパーニュです。ほろ苦い甘さの黒糖と甘酸っぱいレーズン、香ばしいクルミが絶妙に合う、旨味たっぷりのパンですよ。クセになる独特の風味が特徴なので、手土産やおもてなしにもばっちり。ティータイムにコーヒーや紅茶と合わせるのもおすすめですよ。

5. 自然の甘味。ドライフルーツのパン・ド・カンパーニュ

夏みかんの天然酵母とライ麦を使う、ドライフルーツのパン・ド・カンパーニュレシピ。生地を冷蔵庫でひと晩寝かすことで、カリカリふわふわの食感を、より強く感じられますよ。ライ麦の素朴な味わいに、ドライフルーツの甘味がアクセントに。こだわりの素材を使えば、ひと味違う上品なパンに仕上がります。

6. 苦味と甘酸っぱさが特徴。ココアカンパーニュ

真っ黒な見た目がインパクト大の、パン・ド・カンパーニュ。ブラックココアを使うことで、少し苦みのある大人な味付けに仕上がります。クランベリーの酸味とホワイトチョコの甘味が、ブラックココアと合わさることで上品な旨味に。ホームパーティーや手土産にもおすすめですよ。

7. ほどよい固さ。いちじくとクルミのパン・ド・カンパーニュ

ドライいちじくの甘味とクルミの食感がおいしい、パン・ド・カンパーニュのレシピ。牛乳を加えることで、きれいな焼き色が付き、ほどよい固さにも仕上がります。いちじくとクルミは、発酵の直前に入れるのがポイント。全粒粉の素朴な風味に、いちじくとクルミがいいアクセントに。朝食におすすめの、やさしい味のパン・ド・カンパーニュです。

8. ふんわり香る。よもぎのパン・ド・カンパーニュ

鮮やかな緑が美しい、よもぎのパン・ド・カンパーニュ。漂うよもぎの香りがたまりません。素朴な風味のパン・ド・カンパーニュだからこそ、日本の薬草でも合わせやすく、絶妙な味のバランスに仕上がりますよ。あんこバターを塗って、和風テイストにするのもおすすめです。

9. ふわふわ食感。オレンジと紅茶のパン・ド・カンパーニュ

オレンジピールと紅茶葉を混ぜ込んで作る、パン・ド・カンパーニュのレシピです。オレンジピールの甘味と渋味、紅茶の香ばしい風味が漂う、ティータイムにぴったりの上品なひと品。しっとり感のある仕上がりで、固すぎずふわふわの食感を楽しめますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ