ライター : okaya

インテリア大好きママライター

2児の子育て中のママライターです。インテリアや模様替え、生活小物が大好きで、子育て中でもおしゃれな空間を作りたいと日々奮闘中。映える料理やお皿、リラックスできるティータイムや…もっとみる

パン・ド・カンパーニュってどんなパン?

ハード系のパンに分類されるパン・ド・カンパーニュ。パリ近郊で作られたのが始まりで、素朴な見ためと風味から「田舎パン」とも呼ばれます。全粒粉やライ麦を混ぜて作るシンプルなものが大半。本来は果物や穀物による発酵種を用いますが、現在はイーストの使用が増えています。

パンの形は、丸形となまこ形が主流。パリっとした外皮に、気泡があるやわらかい中身、表面にクープと言われる切れ目があるのが特徴です。

手作りしよう!パン・ド・カンパーニュの基本レシピ

全粒粉を使う、基本的なパン・ド・カンパーニュの作り方。パンに全粒粉を混ぜることで、味わい深い風味が口いっぱいに広がります。そのまま食べるのはもちろん、ガーリックバターを塗ったり、サンドイッチにしたりするのもおすすめ。発酵かご(バヌトン)がなければ、ザルやボウルでも代用できますよ。

上手に作るポイント・コツ

気泡のあるやわらかい食感に仕上げるためには、発酵時間や温度の調節がポイントです。通常の一次発酵は、約30℃のあたたかい場所で約40分。より気泡を作りたい場合には、冷蔵庫で半日ほど保存して発酵させるのがおすすめです。

ぱっくりと割れるクープを作るためには、しっかりと生地をこねて弾力を作ることが大切。成形するときには表面に張りを持たせるように丸めます。ナイフで切り込みを入れるところには、バターやマーガリンをしっかりと塗ることも重要ですよ。

作り方いろいろ。パン・ド・カンパーニュのレシピアイデア10選

1. ライ麦で作る。ウインナーのパン・ド・カンパーニュ

ライ麦を使う、パン・ド・カンパーニュのレシピ。ピリッと利かせる粒マスタードと旨味たっぷりのウインナー、まろやかなクリームチーズのハーモニーが口の中に広がりますよ。ライ麦を混ぜることで、歯ごたえと穀物の素朴な風味を感じられます。朝食やランチにぴったりの、惣菜パンです。

2. 全粒粉で。天然酵母のパン・ド・カンパーニュ

天然酵母で作る、全粒粉のパン・ド・カンパーニュです。酵母の生種起こしをする時間が必要ですが、手間はあまりかかりません。天然酵母ならではの香ばしさと、深みのある風味が特徴。イースト臭を好まない方にはおすすめですよ。やみつきになるほどのおいしさを楽しめます。

3. モチモチ食感。ごまチーズのパン・ド・カンパーニュ

ライ麦を使う、黒いりごまとチーズのパン・ド・カンパーニュです。ポイントは、生地に絹ごし豆腐を入れること。モチモチの食感を味わえますよ。プロセスチーズのコクと塩味に、ごまの香ばしさとライ麦の風味がたまりません。朝食やランチにはもちろん、ワインのお供にもおすすめです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ