心ときめく!「パン・ド・カンパーニュ」レシピ&作り方アイデア5選

外はカリカリ中はふわふわと、異なる食感を楽しめるカンパーニュ。素朴な風味のパンで、レシピもアレンジしやすいです。ここでは基本の作り方から、レーズン入りの菓子パンやチーズ入りの惣菜パンなど、アイデアレシピを紹介します。お家で作れば、焼きたてのパンを味わえるのも、うれしいですね。

2019年11月18日 更新

ライター : TK

海外に住んでいるので外国のレシピをメインに記事を書いています!

「パン・ド・カンパーニュ」ってどんなパン?

ハード系パンに分類されるパン・ド・カンパーニュ。パリ近郊で作られたのが始まりで、素朴な見ためと味わいから田舎パンとも呼ばれます。シンプルな材料からなり、全粒粉やライ麦を混ぜて作るものが大半です。本来は果物や穀物による発酵種を用いますが、現在はイーストの使用が増えています。 パンの形は丸型やなまこ型が主流です。パリっとした外皮に気泡があるやわらかい内側で、表面にクープと呼ぶ切れ目があるのが特徴です。

手作りしよう!カンパーニュの基本レシピ

全粒粉を使った、基本的なカンパーニュの作り方です。パンに全粒粉がまざることで、かみしめるほど滋味深い風味が口いっぱいに広がります。そのまま食べても、ガーリックバターを塗っても、サンドイッチにしてもいいでしょう。どのシーンでも合いますね。バヌトンがなければザルやボウルで代用して、容器に布をしいて打ち粉をしましょう。

作り方いろいろ。カンパーニュのレシピアイデア5選

1. ライ麦で!ウインナーのカンパーニュ

食物繊維が豊富なライ麦を使った、カンパーニュです。粒マスタードがピリッときいたウインナーに、まろやかなクリームチーズがとろけ、おいしさのハーモニーが口のなかに広がります。パンにライ麦がまざることで、歯ごたえもあり、かみしめるほどに穀物の滋味を感じるでしょう。朝食やランチにぴったりの、惣菜パンですね。

2. 全粒粉で!天然酵母のカンパーニュ

天然酵母を用いたパンです。酵母の生種起こしをするひと手間はありますが、作業は手軽に行えます。天然酵母ならではの香ばしさに、味に深みがあるパンを口にできるのはうれしいです。イースト臭を好まない方にもいいでしょう。やみつきのおいしさと、酵母パンにはまる方もいるので、カンパーニュも天然酵母で作ってみませんか。

3. ライ麦で!ごまチーズのカンパーニュ

ライ麦を使った、黒いりごまとチーズのカンパーニュです。ポイントは、生地に絹ごし豆腐を入れること。豆腐により、もちもち感のあるパンが味わえます。プロセスチーズのプリプリした食感のよさに、ごまの香ばしさやライ麦の風味も加わり、口のなかが幸せで満たされるでしょう。チーズが入っているので、ワインのお供にもぴったりですね。

4. 黒糖で!レーズンクルミのカンパーニュ

ミネラルを多くふくむ黒糖を使った、レーズンとクルミのカンパーニュです。レーズンとクルミという人気の組合せに、ほろ苦い甘さの黒糖も使用。甘酸っぱいレーズンに、香ばしいクルミが合わさり、独特の風味とこくをもつ黒糖が掛け合わされるので、おいしさが倍増します。おやつはもちろん、手土産に持参しても喜ばれるパンでしょう。

特集

FEATURE CONTENTS