小顔

氷マッサージの特徴は、肌をあえて冷やすことで刺激を与え、血行を促すこと。血流がよくなれば代謝も上がり、フェイスラインに溜まった老廃物が排出されます。その結果、顔がスッキリ締まるんです。

くすみ取り

肌を冷やすと、くすみやシミの原因になるメラニンが作られにくくなります。夏は紫外線の量が増え、メラニンが特に作られやすい時期。氷マッサージで肌を冷却させて、くすみやシミを予防してくださいね。肌に透明感が出ますよ。

氷マッサージのやり方

氷マッサージというと、氷を肌に直接当てるイメージがありますが、それでは刺激が強すぎて、凍傷になってしまう可能性もゼロではないので注意してください。私が患者さんにお伝えしているやり方は、タオルでくるむ方法と、小さなレジ袋に入れる方法。一般的には、タオルを使う方法が浸透していると思います。以下のような手順でおこなってみてください。
1. マッサージを行う前に、クレンジングや洗顔を済ませます。
2. 片手におさまる程度の氷をタオルにくるみます。
3. 1箇所につき1〜2秒、やさしく押し当てます。
4. 少しずつタオルの位置をずらしながら、顔全体を冷やしていきます。 ※皮脂の分泌が活発なTゾーンは、念入りにおこなうといいですよ。
5. 氷マッサージを終えたら、忘れずに保湿しましょう。

氷マッサージの注意点

氷マッサージをおこなう上で注意したいのは、まず、ニキビに直接当てないこと。氷の刺激でニキビが悪化してしまう可能性も否めません。 そのほか、敏感肌の人も注意しましょう。急に冷やして肌がびっくりしてしまう、ということも考えられるからです。もし何らかの異変が起きてしまった場合、どんな小さな異変だとしてもすぐに中止してください。 また、できればミネラルウォーターや真水で作った氷を使うと、塩素の心配がないので安心です。なおミネラルウォーターを使う場合は軟水を。硬水は肌を乾燥させたり、ごわつかせる原因になりかねません。

氷マッサージ、いつやるの?

朝のお出かけ前に

夏の時期は特に、発汗で化粧くずれが起こりやすいので、朝のお出かけ前に氷マッサージで肌を冷やしてあげると、外出中の化粧くずれを気にする必要がありません。また、強い日差しによるほてりも抑えられて、朝から不快な気分にならずに済みますよ。

夜のリラックス時に

夜、入浴後のリラックスした時間にも氷マッサージをおこなってみてください。この時間帯は、肌も一番リラックスしているとき。緊張している肌に氷の刺激を与えると、刺激を強く感じ過ぎてしまう場合もあります。リラックスした気持ちで、やさしく氷マッサージをおこないましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS