ローディング中

Loading...

連載:絶対きれいになる!皮膚科医の「美肌レッスン」

皮膚科医の私がおすすめする美肌セルフケアを紹介する本連載。第4回の主役は「昆布水」です。美肌効果がとても高く、健康面でもたくさんのメリットがあります。私の体験、効果、作り方など、昆布水について詳しく紹介します。

私の食生活は昆布水のダシで決まり

皮膚科の専門医という立場ながら(ゆえに?)、セルフスキンケアを色々と試して、食材の持つ効能にそのたび驚いている私。本連載では、そんな私が特に効果を実感している民間療法を毎回紹介しています。

さて、医師といっても人間ですから、20代のころはやんちゃもしました。まだまだ若く、健康を意識しなくても元気が有り余っていたので、医師の仕事を懸命にこなすこと以外、好き勝手に暮らしていたんですよね。食生活なんて適当そのもので、ジャンクフードも脂っこいものも大好き。さらにアウトドアの趣味にかまけた結果、肌がシミ、シワだらけになったことは連載第1回でお伝えしたとおりです。

肌は元より、体の健康を考えるようになったのは、30代に入ってから。「健康は食で決まる」といっても過言ではないので、まず、食生活を大幅に見直すようにしました。特に私の場合は皮膚科医ですから、肌によいと思えるものには関心も当然高く、日々の食生活に積極的に取り入れるようにしたんです。

とはいえ、作るのが難しいもの、手に入りづらいものでは、三日坊主で終わってしまいます。簡単に作れて、すぐ手に入って、美容・健康が高くて、そして何よりおいしいもの……そう考えたときにひらめいたのが「昆布水」です。健康法というよりは、ようするに、ダシですね。そのまま飲んでもいいですし、料理に加えれば旨みが倍増!しかも昆布は美容・健康効果ばつぐんですから、いいことづくめなんです。

お通じが改善し、ニキビも出なくなった

実際、昆布水を摂るようにしたら、私の場合、お通じの状態が明らかによくなりました。また、肌にもよい結果が出て、ニキビができなくなったり、髪のフケも出なくなりました。そうした実感もあって、昆布水はとても信頼を置いているセルフケアのひとつです。

昆布水のよいところは、昆布の栄養成分が効率よく得られる、というだけではありません。昆布水をダシに使う機会が増えるので、自然と和食に切り替わるんです。しかも、昆布水のダシはあっさりとしながら料理の旨みを格段に上げてくれるので、余計な調味料で塩分の摂りすぎも防げます。食生活自体の改善につながる、という点でも、昆布水はおすすめなんですよ。

今でもほぼ毎日のように昆布水を作り、何らかの方法で摂っています。常備ダシとして、美容・健康のセルフケアとして、私のキッチンに欠かせない大切な存在です。今回は、昆布水の効果や作り方、そして私がよく摂る方法などをご紹介しますね。

昆布水の効果効能

美肌

皮膚科医の立場から見ても、昆布は美肌成分を豊富に含む食材です。特に、昆布やワカメなどの海藻類に含有されているフコキサンチンは、抗酸化作用がとても強い成分として知られています。じつは、このフコキサンチンを使って、ある実験が京都大学でおこなわれました。気になる実験結果が出たので、皆さんにもお伝えしますね。

実験をおこなったのは、京都大学大学院農学研究科教授の平田孝先生です。実験ではフコキサンチンをマウスの皮膚に塗り、そこに紫外線を照射しました。そしたら、フコキサンチンを塗った皮膚は、フコキサンチンを塗っていない皮膚と比べて、シワの数も体積も少なくなったんです。

その理由として、フコキサンチンが、紫外線によって発生するコラーゲンなどの分解酵素や、コラーゲンにダメージを与える活性酸素などを無力化したのではないか、と考えられています。まだ実験段階ではありますが、昆布の美肌作用が期待できる結果といえますね。

便秘の改善

私自身も効果を実感したとおり、昆布水は便秘の改善にも役立ちます。昆布を水に浸けると、水がヌルヌルになります。ヌルヌルの正体はアルギン酸と呼ばれるもので、便に水分を与えてカサを増やし、腸のぜん動運動を促してくれます。その結果、便通がよくなるんです。

また、腸内環境は肌と深く関係していますから、便秘が改善されれば肌の調子も整ってきます。お通じを良好に保ち、腸内に老廃物を溜めないようにすることも、美肌作りの大切な要素です。

ダイエット

上に述べたアルギン酸は、脂肪とくっついて、便と一緒に体外に排出する作用があります。体に吸収される脂肪分が少なくなりますから、自然とダイエットにつながるんです。

アンチエイジング

昆布に含まれるフコイダンという成分には、体内の活性酸素を取り除く働きがあります。活性酸素は老化を促す物質で、肌はもちろん、髪、血管、筋肉など、全身に悪い影響をおよぼします。私が昆布水を摂るようになって、髪のフケが減ったのも、もしかしたらフコイダンの抗酸化作用で髪が若返ったおかげかもしれません。

血圧の低下

カリウムという成分が体内の余計な塩分を排出してくれるので、血圧を安定させる効果が期待できます。また、昆布には血中の中性脂肪の上昇を抑える働きもあるといわれており、血液をきれいにしてくれるすぐれた食材なんです。

高血糖の予防

昆布のヌメリ成分は、体内で糖質の吸収をゆるやかにしてくれます。食後血糖値の上昇をおさえられるので、高血糖の予防・改善をサポートしてくれるんです。

昆布水の作り方

昆布水の作り方はびっくりするほど簡単です。ご自宅にダシ用の昆布さえあれば完成です。料理のダシに上手く使いながら、日常的に摂るようにしてみてください。

材料

・ダシ用の昆布……10g
・水……1リットル
・容器

《絶対きれいになる!皮膚科医の「美肌レッスン」》の記事一覧

甘酒

皮膚科医の私がおすすめのセルフケアを紹介する本連載。今回の主役は「甘酒」です。美容効果ばつぐんで、特に便秘の改善には薬並みの作用が期待できる伝統食。効果から作り方、飲み方まで詳しくお伝えしますので、甘酒のすご…

まとめ トマト

皮膚科医の私がおすすめのセルフケアを紹介する本連載。今回の主役は「トマト」です。美白&日焼け防止作用が強力で、ダイエット、疲労回復にも役立つすぐれもの。私の体験、効能、効果的な食べ方など、詳しくお伝えします。

まとめ スイカ

皮膚科医の私がおすすめのセルフケアを紹介する本連載。今回の主役は「シトルリン」です。美容効果が高く、スイカから発見された成分としてもよく知られています。どんな効果があるのか、私自身の体験もふまえて詳しくお伝え…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

髪の毛は女性の命とも言うように、お手入れはしっかりしておきたいですよね。食事は身体の健康だけでなく、髪の毛にも影響を与えます。そこで今回は、髪の毛に良い食べ物を紹介します。いつまでもツヤツヤで美しい髪の毛を保…

まとめ

妊娠中や妊活中は生活、特に食べ物や飲み物には気を使うことと思います。そこでここでは、そんなときに気をつけたい食べ物、飲み物から、特に気をつけたいものを「5」つご紹介します!

アメリカ まとめ

そのネーミングからか、アメリカオリジナルだと思っていた代表的な食べ物が、実はアメリカ人の発明ではなかった....そんな食べ物9選を紹介します。あなたは幾つご存知でしたか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ローストビーフ

お肉料理と「キリン 生茶」のマリアージュをご紹介。「ワイルドな味わいに合うの?」と不思議に思うかもしれませんが、奥行きのある深い味わいが、お肉の繊細なうまみを引き立てるんですよ!料理研究家・きじまりゅうたさん…

おにぎり お弁当

カレーや麻婆豆腐など、人気の定番おかずがおにぎりの具に変身する「おにぎり丸®️」をご紹介します!ボールのような見た目なので、スポーツキッズの応援弁当にぴったり。おにぎりをテニスボールや野球ボール風にデコるアイ…

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

ページTOPに戻る