リラックス効果

こぶみかんに含まれるビタミンB1やカルシウムには、イライラを防止してリラックスさせる効果があります。日々の慌ただしい毎日に、さわやかな柑橘の風味をうまく取り入れていきたいものです。

こぶみかんの使い方

果実

タイなどのこぶみかんの原産国とされる東南アジアでは、古くからこぶみかんの果実はシャンプーとして使われていました。こぶみかんの果実に含まれるビタミンAやCなどの成分が、フケやかゆみによいとされているからです。 使い方は、2つに切ってから、ゴシゴシと直接こぶみかんで頭をマッサージするように使用する方法と、軽くゆでてから実を絞り、汁をオイルのようにして使用する方法があります。 シャンプー中は、柑橘のさわやかな香りが心も癒してくれますよ。

葉っぱ

葉っぱの部分はその独特な香りから、本場ではトムヤムクンやタイカレー、サラダや煮込み料理用のハーブとして使われるのが一般的です。しかし、日本ではあまり手に入らないことから、パクチーやレモングラスなどで代用されることが多いです。 本場タイでは、こぶみかんの葉が入っていないトムヤムクンやグリーンカレーは邪道だとされるほどなじみ深い食材として使われています。

こぶみかんを使ったレシピ

グリーンカレー

フライパンにココナッツミルクとグリーンカレーペーストを入れて煮立たせます。そこへ、細切りにした鶏肉やカットしたナスやパプリカなど具材を入れてください。さらに、砂糖やナンプラーなどもを加えたら数分煮込みます。こぶみかんの葉やバジルを入れてひと煮立ちさせたら完成です。

トムヤムクン

薄切りにした玉ねぎとむきえびなどを、水が入った鍋に入れて数分茹でます。えびの色が変わってきたら、トムヤムペーストやナンプラーを入れて煮ていきます。そこへココナッツミルクとしめじ、こぶみかんの葉を入れて中火で煮込みます。最後は、お酢を少し加えてできあがりです。あれば、パクチーを添えてくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ