ベーコンのカロリーは?気になる栄養成分とカロリーカットのコツ

塩分や脂身が多く、カロリーが高いイメージのベーコン。ダイエット中には避けたほうがいいといいますが、果たして本当なのでしょうか?今回は、気になるベーコンのカロリーや栄養成分だけでなく、カロリーカットのコツやおすすめの食べ方までご紹介!

2018年9月27日 更新

朝食の定番メニュー「ベーコン」

ベーコンとは、豚のバラ肉を塩漬けにして燻製したものです。その原材料から分かるように、ベーコンは脂身の多いバラ肉を使用しているので、高カロリー食品として知られています。また、部位によって「ロースベーコン」や「ショルダーベーコン」と呼ばれることもあります。

最近では、販売されているベーコンは保存料などの添加物が使われているという理由から、自宅でベーコンを作る方も増えている模様。目玉焼きやトーストなどと肩を並べるほど、朝食メニューとしても有名なので、あって困る食材ではありません。

そんなベーコンのこと、みなさんはどれくらい知っていますか?カロリーや栄養成分、おすすめしたい食べ方などをまとめてみました。

ベーコンのカロリーはどれくらい?

高カロリーと言われているベーコンですが、カロリーはどれくらいあるのでしょうか。気になるところですよね。

ベーコンのカロリー

ベーコンは、100gあたり405kcal。この数字だと、いまいち高いのか低いのか分からない……という方もいらっしゃることでしょう。それでは、1枚あたりではどうでしょう?ベーコン1枚(約18g)あたりのカロリーは、おおよそ73kcal。これは、確実に高いことが分かりますね。

メーカーによってもカロリーは変わってきますが、特別な商品でない限り大きな差はないでしょう。ベーコンが好きだという方は、念頭に置いておくといいですね。

ロースベーコン、ショルダーベーコンのカロリー

それでは、バラ肉ではなく別の部位で作られたベーコンは、どれくらいのカロリーなのでしょうか。比較してみましょう。

ロースベーコン …… 100gあたり211kcal、1枚あたり約38kcal
ショルダーベーコン …… 100gあたり186kcal、1枚あたり約33kcal

このようにして比べると、バラ肉でないベーコンのほうが、カロリーは圧倒的に低いことが分かりますね。とくにショルダーベーコンは、ベーコン界では優等生と言えそうです。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう