お酒であることを忘れずに。

どれほど美肌によいといっても、お酒であることを忘れずに。作成段階で梅から水分が出てアルコール度数は多少下がるとしても、基本的に強いお酒です。飲みすぎはもちろんのこと、自分の体とよく相談しながら、日常生活に上手く取り入れてくださいね。 また、先ほどもチラッとお伝えしましたが、梅酒に限らず梅干しや梅肉和えなど、梅の恵みを食生活に加えることもおすすめです。インタービューティーの代表的な食材として、私も大きな信頼を寄せています。 体の内側を整えることは、美肌作りの底上げにつながります。殺菌、デトックス、抗酸化と、肌の調子にダイレクトに関わる作用を持つ梅酒は、きっとみなさんの美肌作りを力強くサポートしてくれるはずです。
次回は、私の食生活に欠かせない「昆布水」の美肌効果と、その作り方を詳しくご紹介します!
▼梅酒をヨーグルトで割る?
▼"種"のおいしい活用法はこちら
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ