砂糖が固まる理由は?対策と防止法を学んでストレス解消!

砂糖を放っておくと、かちかちに固まってしまいますよね。しかし、とっても簡単にさらさらな状態へと戻すことができるんですよ!家にあるものだけで戻す方法や、あらかじめ防止する方法を紹介するので、ぜひ試してみてください。

2017年4月18日 更新

電子レンジを使う

もうひとつは、電子レンジを使う方法。上白糖以外の砂糖では、基本的に湿気により固まりやすくなります。すでに固まってしまった砂糖は温めもそれほど変化はありませんが、湿気を抱えたままだと、さらに固まりやすくなってしまうのです。

なので、これ以上に固まりにくくするということで、電子レンジを使うことは効果的。レンジにかけたあとは、密閉した容器に入れて、湿気がうつらないようにして保存することが大切です。そして先ほども説明したとおり、上白糖には不向きです。あとは電子レンジにかけすぎると砂糖が溶けてしまいますので、注意してくださいね。

固まらないように防止する方法

さらさら状態に戻したいのはもちろんですが、できればそんな手間をかけることなく、ずっとさらさらでいてくれたらうれしいですよね。ここからは、固まらないための予防法をいくつかご紹介します。

密封容器に保管する

やはり砂糖は湿気にとても弱いので、密封できる容器に入れて、外からの湿気をシャットアウトしましょう。密閉しておけば、水分が外に出ていくこともありません。

冷蔵庫で保管する

砂糖が固まりやすい時期を考えると、夏が多いのではと思いませんか?
そう、砂糖は熱に弱いのです。温まると表面が溶け、さらにくっつきやすくなってしまうため、冷暗所や冷蔵庫などで保存をするのがおすすめ。普通に保管するより、長持ちしますよ。
3 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

りこぴん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう