砂糖が固まる理由は?対策と防止法を学んでストレス解消!

砂糖を放っておくと、かちかちに固まってしまいますよね。しかし、とっても簡単にさらさらな状態へと戻すことができるんですよ!家にあるものだけで戻す方法や、あらかじめ防止する方法を紹介するので、ぜひ試してみてください。

2017年4月18日 更新

固まった砂糖を元に戻すには?

簡単解決法

一番の解決法として知られているのは、湿らせたキッチンペーパーを、ふたと容器の間に挟むという方法。湿らすということは、湿気がすごいことになりそうですが、じつは想像するのとは逆のことが保存容器の中では起きているのです。

なぜ戻るの?

なぜ固まった砂糖が、湿らせたキッチンペーパーでさらさらの状態に戻るのでしょうか。それは、固まってしまった粒同士の結合が、湿気によって緩むからです。簡単に言うと、キッチンペーパーが、砂糖から蒸発する水分を吸収し、容器の外に逃がさないようにしているため。

この方法は予防にも最適なので、使う機会が減ってきたり少し時間が経ってきたなと感じたら、試してみるといいかもしれませんね。

そのほかの解消法も

水を一滴たらす

たった水を一滴たらすだけ。もしくは霧吹きでひと吹きするだけです。先ほど説明したとおり、砂糖が固まる原因は水分の蒸発・乾燥。なので、また水を足してあげればいいという単純な方法です。

1時間くらいから効果が出始め、3時間くらいで大体戻ります。ひと晩経てば、すっかり元通りのさらさら状態になりますよ。ただし、かけすぎると砂糖が溶けだしてしまうので、注意してください。
2 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

りこぴん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう