ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

砂糖が固まる理由とは?

乾燥している

砂糖が固まる原因のひとつが、乾燥です。砂糖は固まりやすい性質であるため、一般的な砂糖は液体でコーティングされています。そのため、乾燥していないときはサラサラの状態です。しかし乾燥することでコーティングが剥がれ、砂糖の結晶同士がくっついて固まってしまいます。

湿気を吸っている

砂糖が湿気を吸っていても、固まってしまいます。砂糖は湿度が高いと溶け、どろどろになった粒同士がくっついてしまうことが原因です。一度くっつくと、元に戻すのはむずかしいので、砂糖は湿度の変化が高い場所には置かないようにする必要があります。

固まった砂糖をサラサラに戻す方法4選

1. キッチンペーパーを使う

固まってしまった砂糖を元に戻すのは、キッチンペーパーがあると簡単です。キッチンペーパーを使う場合は、以下の手順で戻していきます。

1. キッチンペーパーに水を吸わせる
2. 水を吸ったキッチンペーパーを固く絞る
3. 砂糖の容器の中にキッチンペーパーを入れる

2. 食パンを使う

キッチンペーパーがない場合は、食パンでも構いません。食パンにはほどよく水分が含まれているので、キッチンペーパーと同じ原理で砂糖をサラサラにすることができますよ。

方法はとても簡単で、食パンを砂糖の容器に加えるだけ。ただし、食パンは賞味期限が切れたまま放置すると腐ってしまいます。入れっぱなしにしないように、注意しましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ