ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

牛タンブロックの下ごしらえ

牛タンブロックは部位によって調理法を変えてすべておいしく食べきることができます。慣れないうちは大胆に包丁を入れていきましょう。少し余分に切ってしまっても、いろんなレシピで活用できますよ。 まず、タン元の固い筋を切り落として煮込み料理用にしましょう。また、焼き肉用のスライスを作るときには冷凍すると均一にスライスすることができますよ。またタン先はシチュー用に角切りか少し厚めに切ります。

やわらかくするコツ

自分で下処理すると焼き肉屋さんのようなやわらかさが出ない、というお話を聞きますがやわらかさを出すにはちょっとしたポイントがあります。それは重曹を使うこと! やり方は、タンをボウルに入れて、塩(小さじ2杯)、重曹(小さじ4杯)の液体を溶かした水(600cc)に、ひたひたになるまで入れて置いておくだけ。浸水時間の目安は最低3時間、時間があれば1日程度つけておきます。この方法でお肉がやわらかくなり、臭みもぬけます。

【焼き】牛タンの人気レシピ5選

1. 牛タンの塩焼き

こちらは塩胡椒でのみの味付けで焼く、薄切りの牛タンのレシピです。食べる直前にレモン絞ることで、フレッシュな香りと風味で絶品に!シンプルな味付けなので、牛タンのうまみをしっかり感じられますよ。

2. ねぎ塩牛タン

牛タンとねぎって相性抜群ですよね。こちらは牛タンの塩焼きを、ねぎと玉ねぎがたっぷりの塩だれでいただくレシピです。薄切りの牛タンの上にたれをのせてくるりと巻いて、ひと口でほおばってみてください。ほっぺが落ちるおいしさです。

3. 牛タンの塩包み焼き

牛タンを塩で包んで焼く、塩釜焼きのレシピです。蒸し焼きにすることで、牛タンのうまみがぎゅっと凝縮されます。蒸し器で蒸した状態に比べて、臭みが抑えられ、まろやかな塩味がつくので、一度試してみてくださいね。

4. 厚切り牛タンのステーキ

こちらは一度ゆでた牛タンを焼いたひと品です。牛タンは、60度くらいで低温調理することによってやわらかくなるんですよ。下ごしらえしたものを厚切りにし焼けば、食べ応え満点な厚切り牛タンステーキが完成!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS