ランチにいかが?「ペンネパスタ」を使った海外レシピ9選

パスタにもいろいろな種類がありますが、今回はペン先の形をしたパスタ「ペンネ」を使うレシピを紹介します。ソースが筒の中に入り込むペンネは、濃いめのトマトソースやクリームソースと相性抜群!短いので食べやすく、ランチやお弁当にもぴったりですよ。

2017年5月26日 更新

ライター : TK

海外に住んでいるので外国のレシピをメインに記事を書いています!

1.モッツァレラペンネ

材料

イタリアンソーセージ、バジル、にんにく、玉ねぎ、オレガノ、ペンネパスタ、フェンネルシード、ナツメグ、小麦粉、オリーブオイル、バター、牛乳、モッツァレラチーズ、パルメザンチーズ、トマトソース

作り方

スキレットにオリーブオイルを入れ、玉ねぎ、にんにくを炒め、ソーセージを食べやすい大きさにして、トマトソース、オレガノ、バジル、フェンネルシードを入れ煮込みます。別のフライパンにバターを入れ溶かし、小麦粉を入れ滑らかになるまで混ぜます。明るい茶色に色づき始めたら、牛乳を少しずつ入れ、とろみがつくまで混ぜ、塩を入れベシャメルソースを作ります。 耐熱容器にトマトソースのミックスを少量入れ、ゆでたペンネパスタ、トマトソース、ベシャメルソース、モッツァレラチーズの順に入れます。これを3度繰り返し、一番上にモッツァレラチーズとパルメザンチーズをふり、200℃のオーブンで20〜30分焼きます。 チーズが泡立てばできあがりです!

2.クリームガーリックペンネ

材料

にんにく、乾燥パセリ、チキンブロス、ペンネパスタ、小麦粉、塩・こしょう、バター、牛乳、パルメザンチーズ

作り方

鍋にバターを入れ溶かし、にんにくを中火で炒めます。小麦粉を入れ1分混ぜながら加熱し、牛乳とブロスを入れます。ソースが沸騰し、とろみがつくまで混ぜながら調理します。パセリのみじん切りと擦りおろしたパルメザンチーズを入れ、塩胡椒し、チーズが溶けるまで混ぜながら火にかけます。 ゆでたペンネパスタにソースをかけ、すぐにいただきましょう!

特集

FEATURE CONTENTS