冬にぴったり。ホワイトソースのパスタグラタン「テトラジーニ」のレシピ

「テトラジーニ」はアメリカでは感謝祭で食べた七面鳥の残りを使って作るパスタグラタンのこと。もちろん鶏肉を使ってもおいしいです。寒い時期には熱々のお料理を食べましょう。ホワイトソースが定番ですがトマトソースにしてもいいかも。

パスタグラタン「テトラジーニ」のレシピ

材料・8人分

ベーコン…2枚
オリーブオイル…大さじ4杯
玉ねぎ…小さいのなら2個、大きい物なら1個をみじん切りに
赤ピーマン…1個をみじん切りに
にんにく…6かけをみじん切りに
マッシュルーム…226g
パプリカ…小さじ2分の1杯
乾燥したタイムの葉…小さじ2分の1杯
オレガノ…小さじ2分の1杯
ガーリックパウダー…小さじ4分の1杯
小麦粉…カップ4分の1杯
白ワイン(辛口)…カップ1杯
減塩のチキンスープ…カップ2杯
生クリーム…カップ2分の1杯
牛乳…カップ2分の1杯
塩…小さじ1と2分の1杯
黒コショウ…小さじ1杯
リングイネパスタ…340g(半分に割ります)
ブロッコリー…カップ2杯、冷凍の物を小房に分けます。(生野菜を使う場合下茹でしましょう)
鶏肉か七面鳥…カップ2~3杯、細切りにします。
パセリの葉…大さじ2杯、細かくして
パルメザンチーズ…カップ3分の2杯、すりおろします。
パン粉…170g

調理方法

1、ベーコンはカリッとするまで焼いたら細かく切ります。

2、大さじ3杯のオリーブオイルを加熱し、玉ねぎとにんにく、赤ピーマンを強火で4分炒めます。次にマッシュルーム、パプリカ、オレガノ、タイム、ガーリックパウダーを追加し、マッシュルームに火が通るまで5分炒めます。さらに小麦粉も加えて2分炒めましょう。

3、ワインとチキンスープをなじむまでよく混ぜ、2分後に生クリーム、牛乳、塩とコショウを加えて沸騰させたら火を弱め、いい香りがしておたまにソースがとろっとつくぐらいまで15分程度煮込みます。

4、パスタは塩を入れた水を沸騰させて、8分アルデンテで茹でたらざるに上げよく水を切ってオリーブオイルを上からかけます。(調理時間は目安です。茹でる時間はパッケージの表示に応じて変えてください)

5、グラタン皿・キャセロール皿などに大さじ1杯のオリーブオイルを塗り、オーブンは180度に設定し、パン粉とパルメザンチーズ(カップ3分の1杯)は混ぜておきます。

6、ソースにパスタ・カリカリベーコン・小房に分けたブロッコリー・パルメザンチーズ(カップ3分の1杯)を入れてよく混ぜます。必要なら塩コショウで味をととのえます。

7、用意したお皿にグラタンのソース・具材を移して、表面にパン粉とパルメザンチーズを混ぜたものをふりかけます。覆いはせずオーブンで30分焼けばできあがり。最後にパセリを散らします。
チーズの焦げ目も香ばしいパスタグラタンができちゃいます。パスタはリングイネがなかったらほかのパスタでも代用可能です。パルメザンチーズは二度に分けて使うので前もって分けておくといいでしょう。

こちらの記事を参照しました。

【終わりに】
「テトラジーニ」はアメリカで感謝祭で食べた七面鳥の残りを使って作るお料理でもあるらしいです。だから材料に七面鳥が入っているんですね。食べきれなかったものを有効利用するレシピというわけ。

濃厚なホワイトソースを熱々で!寒い夜にはぴったりの一品かと思います。ぜひ作ってみてくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう