小麦粉の賞味期限は?長持ちする正しい保存法&活用法を伝授◎

小麦粉を使おうと思ったら賞味期限が切れている、しかも何か色や臭いが変……なんて経験はありませんか?保存方法が悪いと虫が湧いてしまうこともあるんです。今回は、小麦粉の賞味期限や活用方法を紹介するとともに、虫が湧くのを防ぐ対処法を解説します!

小麦粉の賞味期限

小麦粉は多くの家庭が常備していると思いますが、実はあまり頻繁に使うものではありませんよね。それだけに、賞味期限も切れていることに気づかずに使っていた、なんてことはないですか?そこで、今回は小麦粉の賞味期限や正しい保存方法についてご紹介します。

未開封の場合

強力粉は製造後6ヶ月、薄力粉、中力粉は製造後12ヶ月が目安となっています。強力粉のほうが期限が短いのは、含まれているグルテンの量が多く、変質しやすいため。グルテンとは、小麦などに含まれるたんぱく質のことで、パンを膨らませているのはこのグルテンです。

開封済みの場合

強力粉、薄力粉、中力粉ともに、約1〜2ヶ月が目安となっています。一度開封してしまうと、保存状態次第ではすぐに傷んでしまいますので、開封したあとは、記載されている賞味期限に関係なく早めに使い切るようにしましょう。

小麦粉の最適な保存方法

夏場

湿度、湿度が高い夏場は、密閉容器に入れて冷蔵庫で保存するようにしましょう。

しかし、開け閉めが頻繁におこなわれたり、冷蔵庫から取り出したあとに常温でしばらく放置してしまうと、温度差の影響で結露して、カビの原因になってしまいます。必要な分を取り出して、使ったあとはすぐに冷蔵庫に戻すようにしてください。

冬場

気温も湿度も低い冬場は、食器棚などの収納に保存しましょう。

温度と湿度から小麦粉を守るという観点からは、冷蔵庫は適していますが、ほかの食材のにおいを吸収してしまうという欠点もあります。気温や収納場所の状況に応じて、保存方法を変えるようにしてくださいね。

賞味期限切れの小麦粉は使えるの?

異変がなければ可能

保存状況が適切で、異変がなければ食べることは可能です。

しかし、賞味期限を著しく過ぎてしまっている場合、変質している可能性が高いです。目で確認できる異変がなくても、食べることは控えたほうがいいでしょう。

使えない小麦粉の見分け方

カビが生えている

未開封のものに関しては、カビが生えることはありませんが、開封済みのものに関しては、保存場所を問わず、カビの発生を確認しましょう。少しでもカビが確認できたら、胞子が粉全体に行き渡っていますので、見えるカビだけを取り除いて使うことは絶対にしないでください。

変なにおい、色をしている

小麦粉は、劣化が進むと徐々に黄色く変色していきます。単に、劣化しているだけで味や風味が悪いだけの場合もありますが、明らかな変色が確認できる場合は、知らず知らずのうちに賞味期限を数年過ぎている可能性があるため、その場合は食べるのを控えたほうがいいでしょう。

小麦粉にダニが湧いている場合がある!?

特集

SPECIAL CONTENTS