ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

メキシコの伝統料理「トルティーヤ」とは?

トルティーヤとはメキシコ料理で、現地では日常的に食べられています。とうもろこし粉や小麦粉に水を加えてこね、丸くのばして焼いたもの。薄いパンのようなイメージです。

日本でも、手のひらサイズからピザのような大判サイズまで、多種多様のトルティーヤが販売されています。用途にあわせて選びましょう。

定番の具材

トルティーヤはシンプルでクセがない味わいのため、具材の組み合わせは多彩です。トマトやレタスのサラダと、炒めたひき肉にサルサソースを合わせたタコスは、トルティーヤで作る定番料理。

アボカドやチョリソーを包んだり、ハムとチーズを合わせたりするのも鉄板です。ほかにも、チリビーンズやキーマカレーなどを巻くこともありますよ。

タコスとの違いは?

トルティーヤは、とうもろこし粉や小麦粉などで作った生地のこと。そのトルティーヤに肉や野菜などの具材を挟むと「タコス」になります。

ちなみに、トルティーヤはタコスにするだけではなく、ほかの料理にも活用されています。三角形に切ったトルティーヤを油で揚げて、牛肉炒め、トマト、チーズをのせた「ナチョス」。青唐辛子とチーズを挟んで焼いた「ケサディーヤ」などがありますよ。

トルティーヤの基本レシピ

Photo by koku_koku

とうもろこし粉ではなく、小麦粉を使うお手軽トルティーヤです。シンプルな味わいの生地は、幅広い具材とおいしくマッチしますよ。お好みのものを包んで召しあがれ♪

【材料(8枚分)】
・薄力粉……150g
・強力粉……50g
・塩……小さじ1/2杯
・水……100cc
・オリーブオイル……大さじ3杯

【作り方】
1. ボウルにすべての材料を入れてこねる(写真1)
2. 常温で30分ほど寝かせる(写真2)
3. 生地を8等分して丸めたら、麺棒で直径15cmほどにのばす(写真3)
4. フライパンで、両面焼く(写真4)

詳しいレシピは下記をチェックしてくださいね▼

トルティーヤを作るときのポイント

1. 生地を寝かせる

材料をこねたら、30分~1時間程度寝かせましょう。生地を寝かせると、のばしやすくなりますよ。また、コシがアップして食感のよいトルティーヤを作れます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ