連載

旬のレモンで肌トラブル&風邪知らず。3つの簡単レシピもご紹介!

空気が乾燥する真冬は、外気に触れるため肌も乾燥しやすく肌トラブルが起こりやすいですね。そんな時は、いつものスキンケアに加えてカラダの中からのケアも不可欠!今回はビタミンCを豊富に含むレモンの効能と、簡単に作れるレシピ3点をご紹介します。

レモンってどんな果物?

レモンはインド北東部、ヒマラヤ原産のミカン科の柑橘類。手のひらにちょうどひとつ載るくらいのサイズが一般的です。
日本には明治時代に渡来したといわれています。温暖な気候を好むレモンは、イタリア南部やアメリカ西海岸などで多く栽培されており、日本では主に熊本県・広島県・愛媛県・和歌山県・静岡県で栽培されています。

強い酸味が特徴のレモンですが、最近は酸味がまろやで甘みのある「マイヤーレモン」「小笠原レモン」などの品種も人気です。これらはレモンとオレンジを掛け合わせて作られているため、一般的なレモンに比べるとやや丸みのある可愛らしいフォルムになっています。

国産レモンは秋から冬にかけてが旬。秋頃のレモンはまだ緑がかっているため「グリーンレモン」と呼ばれ、若々しい爽やかな香りが特徴的です。12月頃から見かける熟れた黄色いレモンは「イエローレモン」と呼ばれ、3月上旬まで流通します。

おいしいレモンの選び方とは?

レモンを選ぶときのポイントは次の3つです。
・全体的に色ムラがないもの
・持った時に弾力があるもの
・ずっしりと重みがあるもの

弾力がないものは中身がスカスカで果汁が少ない恐れがあります。豊富なビタミンCをたっぷり摂取するためにも、ジューシーでおいしそうなレモンを選んでくださいね!

トップクラスのビタミンC含有量!

レモンには可食部(果肉部分)100gあたり約50mgのビタミンCが含まれています。これは果物の中でトップクラスの含有量!
皮部分も100gあたり約50mgのビタミンCが含まれているので、皮ごと使えばより多くのビタミンCが摂取できます。

美肌作りに欠かせないビタミンCは、紫外線ダメージ・飲酒(アルコールの代謝)・喫煙・ストレスなどの影響を受け、体内でどんどん消耗されています。とはいえビタミンCはカラダの中に溜め込むことができない栄養素。毎日しっかり摂取する必要があります。

輸入ものに比べて防腐剤・残留農薬・保存料が少ない国産レモンは、皮ごと使っても安心です。旬のおいしい時期にたっぷり食べてビタミンCを補給しましょう!

ビタミンCの美肌効果

・メラニン色素を抑制し、シミ・ソバカスを防ぐ。
・コラーゲンの生成をサポートする。
・強い抗酸化作用でニキビや吹き出物などを予防。

免疫力アップ!感染症予防に◎

ビタミンCはカラダの免疫力をアップしてくれるため、風邪やインフルエンザなどの感染症予防にも効果が期待されています。空気が乾燥して湿度が下がる冬はウイルスにとっては格好の時期。感染を防ぐには外出する際にはマスクを着用し、帰宅後は手洗い・うがいを徹底することが大切。そしてレモンなどビタミンCの多い食材を積極的に取り入れるようにすることも忘れてはいけません。

鉄分の吸収をサポート

レモンに多く含まれるビタミンCは、鉄分をカラダに吸収されやすい形に変化させることで吸収率を高めます。鉄分の多い食品(レバー、赤身のお肉、キクラゲ、ひじき、ほうれん草など)を食べる際にはレモンを添えるといいでしょう。

ビタミンEとの相乗効果

ビタミンCは、ビタミンEとともに働くことで抗酸化作用がさらに高まり、相乗効果が期待されます。細胞の老化の予防にはビタミンCとビタミンEを一緒に摂るのがおすすめです。ちなみにレモンにはビタミンEも含まれています。

疲労回復に効果的なクエン酸もたっぷり

レモンにはクエン酸も豊富。柑橘類全般に含まれているクエン酸は、有機酸の一種で「酸っぱい」味のもと。疲労物質である乳酸を分解するため、疲れを吹き飛ばしたい時におすすめです。
またクエン酸は炭水化物などの代謝を促す働きがあります。老廃物の排出やスタミナ増進にも効果が期待されています。

寒い冬はカラダが冷えやすいことから、巡りが悪くなったり免疫力が下がったりして調子が狂いやすい時期。冬の疲れはレモンのクエン酸で上手に取り除きましょう!
ここからはレモンを使ったおすすめレシピをご紹介。レモンはスイーツやドリンクだけでなく、おかずなどにもアレンジできます。

【レシピ】イカのレモングリルサラダ

ぷりっぷりのスルメイカを、たっぷりのレモン汁と一緒にグリル!食べる直前にもレモン汁を絞ってレモンの風味を満喫。白ワインとよく合います。

特集

SPECIAL CONTENTS