コスパ抜群!「ホンビノス貝」の食べ方や人気レシピまとめ

はまぐりにそっくりな「ホンビノス貝」。はまぐりの約1/3の値段で手に入り、コスパも抜群なんだとか!今回は、そんなホンビノス貝の砂抜き方法や人気のレシピなどをご紹介します。スーパーでも気軽に購入できるので、自分好みの食べ方を見つけてみては?

「ホンビノス貝」とは

皿にのったホンビノス貝の画像

Photo by Shutterstock

皆さんは「ホンビノス貝」というものを知っていますか?見た目はハマグリにそっくりで、主に東京湾に生息しています。気になるお味ははまぐりとあさりの中間のような感じで、千葉県の船橋では新たな特産品として注目されています。

最近では「潮干狩りの新たな主役」なんて呼ばれていて、市川、船橋などの湾奥に加え、横浜・横須賀・富津・木更津など東京湾の中央部から南部、さらにはお台場の人工海浜でも獲れるなんて話があるんですよ。
近頃ではスーパーでも普通に売られていて、場所によってははまぐりの1/3ほどの値段で購入することができます。比べるとだいぶリーズナブルですね。

はまぐりとホンビノス貝の見分け方

はまぐりとホンビノス貝、このふたつの貝は本当によく似ているのですが、よく見ると違いがわかります。

はまぐりは左右対称に近い整った形をしているのですが、ホンビノス貝ははまぐりよりもやや丸みがあり、蝶番に近い部分が曲がっています。はまぐりは左右対称、ホンビノスは非対称と覚えておくと、見間違えることは少なくなるはず。

ホンビノス貝の砂抜き方法

ホンビノス貝はあまり砂をかまない貝ですが、それでも砂抜きをした方がおいしくいただけます。

やり方は簡単で、海水か、3%くらいの濃度の食塩水をつくってホンビノス貝を浸け、暗くなるよう通気性のよい蓋をして一晩放置するだけ。

砂抜きなんて必要ないという人もいますが、けっこういろいろ吐き出しますので、砂抜き後の水の様子を見たら、「やっておいてよかった」と思うはずですよ。

砂抜きが終わったらさっそく調理してみましょう。食べる前には下ごしらえとして重要なポイントがあります。中腸腺(身の黒っぽく透き通った部分)を取り除くこと。貝毒の溜まる部分にあたるため、これをしておかないと、ホンビノス貝が採れた場所によっては、おなかを壊すことがありますので注意してください。

また、ものによっては塩気が強い場合もあります。その場合、砂抜き後に数時間真水に浸けておくといい感じに塩も抜けます。

まずはシンプルに!ホンビノス貝おすすめの食べ方

1.ホンビノス貝のお吸い物

砂抜きしたホンビノス貝を鍋に入れ、酒と水を加えて蓋をし、中火にかけます。沸騰したら鍋をゆすり、貝がすべて開いたら火を止めましょう。昆布を入れておいた水を小鍋に入れて中火にかけ、沸騰し始めたら昆布を取り出し、弱火にします。そこにホンビノス貝を汁ごと加え、塩で味を調えたらできあがりです。

ITEM

出し昆布

内容量:250g〜

¥1200〜 ※2018年5月29日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

2.ホンビノス貝の網焼き

砂抜きしたホンビノス貝を焼き網にのせたら、強めの中火にかけます。貝が開いたら、酒、みりん、しょうゆを身にかけましょう。お皿に盛りつけたら、お好みで小口ネギをのせてできあがりです。

ITEM

寺岡有機醸造 寺岡家のちょっとぜい沢な だし醤油

内容量:500ml

¥447〜 ※2018年5月29日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

3.ホンビノス貝の白みそ椀

特集

SPECIAL CONTENTS