ライター : mezamashicook

管理栄養士、トマト愛好家

普段は施設の管理栄養士、休日は引きこもり系社会人。トマトを愛していて、世界中のトマト農家に感謝しています。好きなことは図鑑を読むこと。

寿司でお馴染みのミル貝って?

ミル貝は、貝からはみ出した大きな水管が特徴の二枚貝です。海底の砂の中に深い穴を掘り、大きな水管を砂から出して生活する貝です。食べる際はこの水管を調理します。正しくは「ミルクイ」別名「本ミル」、「黒ミル貝」とも呼ばれます。

ミル貝の産地や旬は?

日本では瀬戸内海や東京湾、三河湾などに生息しています。春と秋に旬を迎え、夏になると捕獲量は格段に落ちます。現在出回っているミル貝は、中国産や韓国産のものが多く、国産のものは高級食材のひとつとされています。

名前の由来

名前の「ミル」は海藻の名前「海松(みる)」が由来で、水管に生えた海藻が、まるで海藻を食べているように見えることから「海松食い」が転じて「ミルクイ」となりました。

ミル貝には2種類ある!

近年、国産のミルクイは希少な存在となっているため、スーパーなどで販売されている「ミル貝」の多くは、代用食材の「白ミル貝」が使われています。本物のミルクイは「本ミル」もしくは「黒ミル貝」と呼ばれ、高級寿司店などで味わうことができます。

白ミル貝とは

春に旬を迎えるミル貝は「ナミガイ」と呼ばれ、春に旬を迎えます。味はまずいと言われる白ミル貝ですが、実際はほとんど変わらずおいしいんですよ。基本的にアメリカやカナダから輸入されることが多いです。

ミル貝のさばき方

この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ