ライター : yucchi

24歳のお料理ライター。なんだかしんどいときや忙しいときでも作ってみようと思えるような「シンプルな材料で簡単においしく」を叶えるレシピを発信していきます。

ホタテの焼き方1「網焼き」

ホタテの焼き方といえば「網焼き」ですよね。BBQやキャンプなどの場面では、コンロや七輪で殻ごとホタテを焼きたいという方も多いのではないでしょうか?殻のまま焼く場合は、乗せるだけでOKなので下ごしらえ不要です♪網焼きは、ホタテを炭で焼くことができるので、炭火焼特有の香ばしさを楽しむことができますよ。

焼き方

ホタテを殻ごと網焼きする場合は、まず貝殻の表面の汚れを落としておきましょう。網にホタテを乗せ、貝殻が開くのを待ちます。貝殻が開いたら、裏返しにして反対側も焼きます。ホタテから汁が出て、蒸し焼きのようしてしっかりと火を通せば完成です。 あらかじめ網の温度を上げておくのが、はやく貝殻を開かせるコツです。なかなか貝殻が開かない場合は、ナイフで貝柱と貝殻を切り離してから再度加熱してみてくださいね。

殻無しの場合

殻無しのホタテは網目が粗いと下に落ちてしまう可能性があるので、串焼きにするかアルミ鍋やBBQ用のフライパンなどで焼くことをおすすめします。串焼きの場合は、串にホタテを刺しておき、熱した網の上で焼き目がつくまで両面焼いたら完成です。 アルミ鍋やBBQ用のフライパンで焼く場合は、バターやサラダ油などをひいた上にホタテを乗せ、両面をこんがりするまで加熱します。くっつかないように油を多めにひいておくのがポイントです♪

ホタテの焼き方2「フライパン」

家にある使い慣れた「フライパン」を使ってホタテを焼いてみましょう!フライパンは汚れても手入れが簡単なので、手軽にホタテを焼くことができるのが魅力です。フライパンを使って殻のついていないホタテを焼く方は多いと思いますが、実は殻つきのままで焼くこともできます♪ぜひ試してみてくださいね。

焼き方

表面をしっかりと洗ったホタテを用意し、ナイフやスプーンで殻を開きます。貝柱と殻がひっついている部分を切り離すことでうまく開くことができます。上の殻のみ切り離し、下の殻はお皿のようにして使用します。 フライパンの上に殻ごとホタテを乗せて強火で3~4分ほど焼き、汁が出てきたら弱火にしてさらに5分ほど加熱したら完成です。汁が出てくるタイミングで醤油やバターを垂らして味付けしてもおいしいですよ。

殻無しの場合

殻無しのホタテは水分をキッチンペーパーで拭き取り、サラダ油をひいて熱したフライパンで焼きます。ホタテの色が白くなってきたら、大さじ1杯程度の料理酒をふりかけて2分ほど加熱したらできあがりです!醤油をかけても、塩コショウでシンプルにいただいても楽しめます。
▼おすすめ商品はこちら
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS