殻付きでも簡単◎ 「ホタテの焼き方」を調理器具別で解説

殻付きのホタテを家でもおいしく焼ける方法を知っていますか?今回は、殻付きホタテの焼き方を調理器具別にご紹介♪網焼きだけでなく、フライパンやグリルなどを使用した焼き方もお教えします!焼き目のついた香ばしいホタテをぜひ家でも楽しみましょう!

2018年9月26日 更新

ホタテの焼き方1「網焼き」

ホタテの焼き方といえば「網焼き」ですよね。BBQやキャンプなどの場面では、コンロや七輪で殻ごとホタテを焼きたいという方も多いのではないでしょうか?殻のまま焼く場合は、乗せるだけでOKなので下ごしらえ不要です♪網焼きは、ホタテを炭で焼くことができるので、炭火焼特有の香ばしさを楽しむことができますよ。

焼き方

ホタテを殻ごと網焼きする場合は、まず貝殻の表面の汚れを落としておきましょう。網にホタテを乗せ、貝殻が開くのを待ちます。貝殻が開いたら、裏返しにして反対側も焼きます。ホタテから汁が出て、蒸し焼きのようしてしっかりと火を通せば完成です。

あらかじめ網の温度を上げておくのが、はやく貝殻を開かせるコツです。なかなか貝殻が開かない場合は、ナイフで貝柱と貝殻を切り離してから再度加熱してみてくださいね。

殻無しの場合

殻無しのホタテは網目が粗いと下に落ちてしまう可能性があるので、串焼きにするかアルミ鍋やBBQ用のフライパンなどで焼くことをおすすめします。串焼きの場合は、串にホタテを刺しておき、熱した網の上で焼き目がつくまで両面焼いたら完成です。

アルミ鍋やBBQ用のフライパンで焼く場合は、バターやサラダ油などをひいた上にホタテを乗せ、両面をこんがりするまで加熱します。くっつかないように油を多めにひいておくのがポイントです♪

ホタテの焼き方2「フライパン」

家にある使い慣れた「フライパン」を使ってホタテを焼いてみましょう!フライパンは汚れても手入れが簡単なので、手軽にホタテを焼くことができるのが魅力です。フライパンを使って殻のついていないホタテを焼く方は多いと思いますが、実は殻つきのままで焼くこともできます♪ぜひ試してみてくださいね。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yucchi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう