ライター : エマ

“食”を通じて、いろんな人と関わりたい。ライターとして、食の理解者として、日々いろんなことを勉強中。

しじみの砂抜きは基本的に水につけるだけでOK!

用意するもの

必要なのは、しじみと水、そしてしじみが入るぐらいの大きさのザルとボウルのみ!普段から家にあるもので簡単に砂抜きできます。

砂抜きの方法

ザルになるべく重ならないようにしじみを入れ、ボウルをザルの下に重ねて水を入れます。水はしじみの殻が少し顔を出すくらいの高さに注いでください。 この時、しじみを入れたザルの底と下のボウルがくっつかないよう、少しすき間を取りましょう!ボウルとザルの間がぴったりくっついてしまうと、しじみが自分で吐いた砂を再び吸い込んでしまうからです。

どのくらいの時間漬けておけばいい?

しじみを浸しておく時間は1~2時間くらいでも大丈夫ですが、5~6時間ほど置くとより安心です。最近では、スーパーなどで砂抜き済みと記載され売られているしじみもありますが、その場合も改めて30分~1時間ほど“追い砂抜き”しておくといいかと思います♪ 仕上げに貝同士をがちゃがちゃとこすり合わせるように流水で洗い、表面の汚れを落とせば完了です!

砂抜きには真水と塩水どちらがいいの?

しじみの砂抜きをする際、水道水の真水でいいのか、塩水を使った方がいいのか悩む方もいると思います。結論としては、真水でも塩水でも砂抜きはできます! しかし、塩水の方が食べた時においしくなるといわれているのです。しじみにはさまざまなうまみ成分が含まれているのですが、真水で砂を抜くと浸透圧の関係でそれらが外に出てしまうようですね。塩水を作る場合は、水に対して1%の塩を入れるようにしましょう(水500mlに対して塩小さじ1)。

時短な裏技“50度洗い”で簡単砂抜き!

この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS