詰めるだけ!「ぎゅうぎゅう焼き」を綺麗に作るコツとアレンジレシピ♩

具材をオーブンにのせるだけ!簡単おしゃれな「ぎゅうぎゅう焼き」の人気レシピとおいしく綺麗に作るコツをご紹介します。忙しい日の簡単ごはんにも、パーティーにもぴったりなぎゅうぎゅう焼き。少し工夫して、ワンランク上に仕上げてみませんか。

「ぎゅうぎゅう焼き」がブーム!

最近Twitterなどで人気の「ぎゅうぎゅう焼き」ってご存知でしょうか?これは肉や野菜をトレーにぎっしり敷き詰めた料理で、作り方はいたって簡単なのに、見た目はとっても豪華に仕上げることができるんです!「ぎゅうぎゅう焼き」は翻訳家の村井理子さんがTwitterで投稿して話題になりました。

村井さんのぎゅうぎゅう焼き

「ぎゅうぎゅう焼き」は簡単に言うと、お好みの野菜や肉、魚をオーブン皿にぎゅうぎゅうに詰めて焼いたお料理。誰にでもできる上に豪華でおいしく、おもてなしにもぴったりだとして、一気に人気に火が付き、真似して作る人が続出しました!

ぎゅうぎゅう焼きの基本の作り方

作り方は簡単。材料は全て適量でOK!好きな野菜やきのこ、豆など、ソーセージやお魚など、色とりどりのものを選ぶと見た目がきれいになります。そしてそれをぎゅうぎゅうに詰めて並べましょう。焼いていくと全体的に水分が抜けて縮んでいくので具材をぎゅうぎゅうにしておいしさを閉じ込めましょう。
火の通りにくいレンコン、にんじん、ごぼう、カボチャ、じゃがいもなどは、先に茹でておくとおいしく仕上がります。ローズマリー、上からオリーブオイル、塩こしょうを適量振ってオーブンへ。
用意した素材をひと口大にカットしたら、耐熱皿もしくは天板に材料をぎゅうぎゅうに詰めてからお塩を振って下味をつけます。ハーブなどで香りをつけて、オリーブオイルをたっぷり回しかけたら150度に予熱したオーブンで30分焼きましょう。そして全体に火が通ったら、さらに温度を180度に上げて10~15分焼くだけ。とっても簡単ですよね!

失敗しないコツ

失敗しないポイントは、具材はあらかじめ下茹でしておき、火の通る時間が均等になるようにすることです。また、おしゃれに仕上げるなら赤・黄色・緑の色の材料を用意すること。より一層キレイに仕上がりますよ!

さらに、大きな具材から先に敷き詰めて、隙間に小さいものを埋めていくようにすると、一層「ぎゅうぎゅう」感が出て素敵ですよ。

ぎゅうぎゅう焼きのアレンジレシピ12選

お手軽!フライパンレシピ4選

1、フライパンで!夏野菜&ウインナーのぎゅうぎゅう焼き
人参とじゃがいもは、それぞれひと口大に切り、オリーブオイルを少々回しかけ、それぞれ600Wのレンジで1分加熱します。玉ねぎと黄パプリカも同様に食べやすくカットし、インゲンは筋を取り半分に。そしてウインナーの表面に切り目を入れたら、材料の仕込みはOK!

次にフライパンに先ほど切った具材をきれいに並べて、塩胡椒で味つけをします。さらにオリーブオイルを回しかけたらフライパンを160度に熱し、蓋をして30分ほど蒸し焼きにしたら完成です。
2、スパイシーなぎゅうぎゅう焼き!カレー風味

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう