一日何個?ゆで卵ダイエットのやり方3つ

ゆで卵ダイエットのやり方は、主に3つあります。いずれの方法でも、食べる量は2〜3個を目安にしましょう。ゆで卵はダイエット中の食事に役立つ食品ですが、食べ過ぎるとカロリー過多につながるので、注意してください。(※9)

方法1:朝食にゆで卵を取り入れる

朝食にたんぱく質が豊富なゆで卵を食べると、食事による消費エネルギーの増加が期待できます。一日のはじまりから代謝を高められるのがメリットです。昼食・夕食の食事制限は特にありませんが、食べ過ぎないよう意識してください。

ただし、ゆで卵には炭水化物がほとんど含まれていません。ゆで卵だけで朝食を済ませると、脳のエネルギー源が不足するおそれがあるため、おにぎりやパンを合わせて摂ってくださいね。(※3,10)

方法2:肉料理をゆで卵に置き換える

食事のカロリーを減らしたい方は、肉料理をゆで卵に置き換えるのがおすすめ。たとえば、炒めウインナー3本分をゆで卵1個(可食部約60g)に置き換えると、約141kcalのカロリーオフができます。

ゆで卵をほかの料理に置き換えるのは、一日一食でかまいません。食事をゆで卵だけで済ませると栄養バランスが崩れてしまうため、ごはんやパンなどの主食や、野菜料理を合わせて摂りましょう。(※5,6,11)

方法3:間食をゆで卵にする

「お腹がすくと、ついおやつを食べてしまう」という方におすすめなのが、間食をゆで卵に置き換える方法です。菓子類には糖質が多く含まれているため、摂り過ぎると肥満の原因になるおそれが。

一方、ゆで卵の糖質含有量は100gあたり0.3gとごくわずかなので、ダイエット中の間食にぴったり。また、たんぱく質が豊富なゆで卵は、腹持ちがよいのも魅力です。(※1,5,12)

ゆで卵ダイエットでの注意点

固めにゆでる

とろ〜りとした半熟のゆで卵はおいしいですが、ダイエット中は固ゆでにしましょう。しっかりと噛むことで、脳の満腹中枢が興奮するため、食べ過ぎ対策になりますよ。

また、噛む回数が多いほうが、食後の代謝量が増加します。(※4,13)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS