バランスよく食事をとる

栄養豊富なゆで卵ですが、食物繊維やビタミンCは含まれていません。ゆで卵だけを摂る……といった極端なダイエットをおこなうと、必要な栄養素が不足し、体調不良につながるおそれがあります。

三食すべてをゆで卵に置き換えることは避け、バランスのよい食事を心がけてください。(※5)

ほどよく運動もする

ゆで卵ダイエットをおこなう際は、定期的に運動しましょう。ゆで卵には筋肉の材料となるたんぱく質が豊富なので、筋肉トレーニングをするのがおすすめです。

運動不足で筋肉量が減ると、基礎代謝や食後の代謝量が低下してしまいます。痩せやすい身体を作るために、運動して筋肉量を増やしてくださいね。(※2,3,4)

1週間でどこまでいく?ダイエット効果について

ゆで卵ダイエットをはじめても、一週間という短期間で痩せるわけではありません。

体脂肪1kgには、約7200kcalの脂肪が含まれています。ゆで卵を間食や肉料理に置き換えて、一日あたりの摂取カロリーを240kcal減らすと、1ヶ月で1kg減量することが可能です。

効率よくダイエットするには、運動をおこなって消費カロリーを増やすことも大切。ゆで卵ダイエットは、焦らず気長に続けてくださいね。(※14)

ゆで卵におすすめの味付けアイデア5選

毎日ゆで卵を食べていると、飽きてしまいますよね。ゆで卵は淡白な味わいなので、長く続けるためには工夫が必要です。ゆで卵ダイエットを楽しく続けられる、試してみたい味付けアレンジをご紹介します!

1. 塩麹漬け

こちらは、ゆで卵を塩麹に漬け込むアイデアです。塩を振らなくてもおいしくいただけます。噛むほどに感じる旨みを堪能してみてくださいね。よく噛んで食べることで、食べ過ぎ対策になりますよ。(※13)

2. 柚子胡椒漬け

料理のアクセントとして使うことの多い柚子胡椒ですが、メインの味付けに使用するのもおすすめ!柚子胡椒を水でのばしたら、あとは漬け込むだけで柚子胡椒味のゆで卵が完成。ピリッとした刺激が、卵のまろやかさとマッチしますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS