ライター : 佐々木 梓

管理栄養士

妊産婦食アドバイザー、インナービューティーダイエットアドバイザー。医療機関の管理栄養士として、乳幼児から高齢者まで幅広い対象者に向けた食事カウンセリングをおこなう。料理教室…もっとみる

大根ダイエットは食べただけでやせるわけではない

「これを食べれば必ずやせる」という食べ物はなく、大根に関しても同じです。むしろ極端に食事の量を減らしたり、ひとつの食品のみに偏ってしまうと、ストレスの原因となるうえ、体に必要な栄養素が不足してしまいます。

ダイエットのために、まずは規則正しい生活が大切。食事全体のエネルギー量を考えて、無理のない程度に調整し、適度な運動を心がけましょう。継続させることでダイエットの成功につながりますよ。(※1)

大根ダイエットの効果

整腸作用

大根には、100gあたり1.4gの食物繊維が含まれます。

食物繊維には不溶性・水溶性の2種類があります。大根にはこのうち不溶性食物繊維が豊富です。水分を吸収して膨らみ、腸の運動を活発にし便通を促すはたらきがあります。また食物繊維は、腸内細菌により分解されることで、腸内フローラの整える作用を持つ栄養素です。(※2,3)

むくみ対策

大根には、100gあたり230mgのカリウムが含まれます。

カリウムには尿中へのナトリウム(塩分)排泄を促し、血圧を下げるはたらきがあります。また、塩分は摂りすぎるとむくみの原因にもなります。塩分を体の外に出す役割を持つカリウムは、むくみ対策に役立ちますよ。(※2,4,5)

抗酸化作用

大根には、100gあたり12mgのビタミンCが含まれます。

ビタミンCは抗酸化作用を持つ栄養素。細胞が傷つく原因となる、活性酸素を対処するはたらきがあります。加えて免疫機能の強化、コラーゲンの生成にも関わるビタミンです。

さらに大根には、ビタミンCと同じく抗酸化作用を持つ「イソチオシアネート」が含まれます。大根の辛味成分で、殺菌作用もあわせ持つ栄養素です。(※2,6,7)

代謝を促す

大根に含まれるイソチオシアネートには、抗酸化作用・殺菌作用のほか、血行・血流を促すはたらきがあります。血行がスムーズになると筋肉のポンプ機能が促進され、基礎代謝の上昇が期待できますよ。

基礎代謝量とは動かず安静にしている状態でも、内臓の機能や体温を維持するために消費されるエネルギーのこと。上昇することで消費エネルギーを増やすことができます。(※7,8)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS