食べる直前にすりおろす

大根の辛味成分であるイソチオシアネートは、揮発性のため、大根おろしにする場合は食べる直前におろすようにしましょう。細胞を壊すため、繊維を断ち切るようにおろすのがポイントです。

しかし、おろしたては辛味が強すぎることも。酢やレモン汁、すだちなどを加えることで辛みがやわらぎますよ。(※12)

栄養豊富な皮も食べる

大根を調理する際、皮は捨ててしまっている方が多いのではないでしょうか?しかし特にビタミンCは、内側の部分だけでなく皮にも含まれています。皮ごと食べることで、大根が持つ栄養素を余さず摂り入れられますよ。

皮の部分は水分が少なく硬いことが特徴。きんぴらのような炒め物にすると、歯ごたえが楽しめます。(※2,13)

切り干し大根でもダイエット効果はある?

切り干し大根は、水分が抜け栄養素が凝縮されていることが特徴。生の大根よりも食物繊維・カルシウムといった栄養素が豊富です。より整腸作用やむくみを抑えるはたらきが期待できますよ。

噛みごたえがあるので、よく噛むことで満腹中枢が刺激され、空腹が満たされやすい食材です。常温で保存が効くため、常備しておくとダイエット中の健康維持に役立ちます。(※2,3,4,14)

大根ダイエットをする際の注意点

食べ過ぎに気を付ける

大根に含まれるイソチオシアネートは、辛味のもととなる栄養素です。食べ過ぎると胃が荒れるおそれが。前述した一日の摂取量目安を参考に、ほかの食品と組み合わせて適量を食べるようにしましょう。(※15)

偏った食事にならないようにする

大根はカロリーが低い食材。しかし早くやせたいからと、大根しか食べないというような、極端にエネルギーを制限した食生活は避けましょう。一時的に体重が減ったとしても、ストレスがたまりやすく、体に必要な栄養素が不足してしまいます。主食・主菜・副菜をそろえる食事を意識したうえで、大根を献立に取り入れるようにしましょう。(※1)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS