大根ダイエットのやり方

一般的なやり方

テレビで紹介され話題になった方法が、大根を一日300g食べるというものです。ポイントは栄養素をまるごと摂り入れるために、生のまま食べること。大根サラダをはじめ、大根をすりおろし、和え物に加えたりする食べ方が手軽ですよ。味の変化をつけたい方には、果物と合わせてスムージーにするのもおすすめ。

おすすめのやり方

大根はカロリーが低く、たくさん食べても肥満の原因にはなりにくい食材です。しかし、大根だけ食べるといった極端な食事をした場合、特にたんぱく質が不足しやすいため要注意。例えば、いつもの朝食に大根を使ったスムージーをプラスする、といったように、大根だけで食事を済ませることがないようにしましょう。

大根ダイエットの効果を高める食べ方とは?

いつどのくらい食べる

栄養の偏りを防ぐため、大根を取り入れる量は一食あたり小鉢1〜2つ分程度にして、ほかの野菜も組み合わせた副菜を摂るようにしましょう。

取り入れやすいタイミングでOKですが、特に食事の最初で食べるようにするのがおすすめ。大根に含まれる食物繊維により、食後の血糖値上昇を抑え、太りにくくするはたらきが期待できます。(※9,10)

加熱せず生で食べる

大根に豊富なビタミンCは水溶性ビタミン。水に長時間さらしたり、ゆで過ぎたりすると流れ出てしまいます。生のまま食べると、栄養素の損失を少なくすることができますよ。

大根に含まれるイソチオシアネートは、すりおろしたり切ったりすることで生まれる栄養素。大根おろしは、その作用をもっとも活かすことができる調理方法です。(※11,12)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS